イラストレーター利光春華の初書籍『Ribbon』をたくさんの人に届けたい!

色校打ち合わせと、綴じ込みカードの使い方あれこれ。

みなさまへ。

こんにちは。本日は、『Ribbon』制作現場レポートと、綴じ込みカードの使い方の一例をお届けいたします。

先日、『Ribbon』の最初の色校があがってまいりました! ここからかなり調整はするのですが、デザイナー新藤さんの事務所へ全員で集まって、全体をチェックしたり、後半に綴じ込んでいるカードを実際に切り取って、ポストカード以外の使い方をいろいろ試したりしてまいりました。

届いた色校!

本番と同じ用紙に刷られた色校が並ぶと、気分が盛り上がります

綴じ込みカードを実際に切ってみて、定形&定形外のポストカードとしてはもちろん、ほかにどんなふうに使うと素敵かな? と相談

そのまま飾って、ミニポスターに。おや? 横にあるのは利光さんがイラストを描いてくださり、『Ribbon』誕生のきっかけにもなった書籍『優しいのに無敵』ですね。笑

半分に折って、おしゃれなグリーティングカードにしても素敵です。プレゼントに添えて


額に入れるとアートな雰囲気で、お部屋を彩ります

ほかにもいろいろな使い方を、自由に楽しんでいただけます。
『Ribbon』には、こんな素敵なカードがミニポスターサイズで8枚、切り取ると16枚分、綴じ込まれています。

みなさまのあたたかいご支援、ほんとうにありがとうございます!

ひきつづき、SNSでの拡散など、応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

(編集・波多野)

2017/09/12 15:13