フィリピン KILUS(キルス)火災、工場全焼。
工場再建プロジェクト

D0fc3040e3efee4ebe6142387308ba7126f68f20ed02e548af1874876d4e?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171022%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171022t113733z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=736f880e7c1fd55eb2922fffecbf692fb2507710f5395234597c6cf9733cba72

(English campaign page is from here)

(French campaign page is from here)

※海外発行のクレジットカードを使用しての決済について

決済画面で、「決済方法」を選択時、VISA/MASTERであっても上から二つ目の、JCB/AMEX/Dinersのアイコンが右側にある「クレジットカード決済」をご選択ください。

はじめまして、LYRIS(リリス)代表の間弓洋江(まゆみひろえ)と申します。東京、パリ、ワシントンDCと移り住み、現在はシンガポールにて子供のお習字教室を開く傍ら、LYRISのブランドでKILUS商品の販売を2013年より始めました。

KILUS(キルス)とは

NGO団体であるキルスはフィリピンの首都マニラを流れるパシグ川沿いにあります。


↑KILUS工場にて。左から3番目が私です。

1997年、パシグ川に隣接するパシグ市の議長となったサンティエゴ氏が、現在のキルスを取り仕切っている妻エディタとともに、汚染が深刻なパシグ川とその周辺地域を清掃&緑化するプロジェクトを推進するため、女性によるボランティア団体を立ち上げます。
これがキルスのスタートでした。パシグはマニラの金融街であるマカティから近いのにもかかわらず、雇用もなく住宅環境も恵まれない貧困地域でした。キルスはグリーンプロジェクトと称して活動を続けていきました。そしてクリーン&グリーンセミナーという政府系主催のセミナーで提案された、収集したリサイクル素材を利用した製品の製造で利益を生み地域住民の生計を立てる、というアイデアを実行に移します。飲み終えたジュースのアルミパックを収集、洗浄し、それを素材にしたバッグやサンダルなどを作り始めます。この活動は世界的なエコロジー活動の波に乗り、地域住民が自力で生計を立てられるようになっていきました。

キルス【KILUS】という名前はフィリピンで話されているタガログ語で「Kababaihan」=女性「Iisa=ひとりひとり」「Layunin=ゴール」「Umunland=栄える」 「Sambayanan=社会」の頭文字に由来します。

LYRISとKILUSの出会い

LYRISがキルスKILUSとお付き合いを始めたのは2013年からになります。主人の従兄弟がマニラに赴任していたころに、従兄弟の奥さん(台湾人)にKILUSを紹介してもらったことがきっかけです。リサイクル素材を使ったエコロジカルな考えに共感したこと、地域の雇用創出に役立っていること、商品の特性がシンガポールの気候に合っていること(革製のバッグはカビが生えたり、ビニールは湿気でとけてしまったり、布製はスコールで濡れてしまう)が惹かれた点です。

試験的にシンガポールで販売を開始したものの、商品の完成度(使い勝手や特にデザインや色に関して)としてはまだ満足いくものとは言えなかったので、もともと自身がファッション業界にもいた時期もあり、主にシンガポール市場のニーズに合わせるためのアドバイスやデザインでの協力をするようになりました。

2か月に1度はキルスを訪れ、新しいモデルの提案をし、発注、経費をなるべく少なくするために商品をハンドキャリーでシンガポールまで担いできていました。

シンガポールで行っているポップアップイベント

キルス商品の販売ですが、シンガポールで実店舗はなく、すべてポップアップイベントにて販売をしています。定番商品の他にシンガポール向けにデザインを提供し、オリジナルを作ってもらったりしていました。

2016年、シンガポールにてLYRISを含めた日本人個人事業者ベンダーを集めたグループPOP UP JAPON(以下PUJ)を友人達と立ち上げ、シンガポール各地でポップアップイベントを企画してきました。個人ではなかなか販売拠点の確保は難しい状況でしたが、グループとなることによって、会場となるレストラン、カフェ、セレクトショップなどと交渉が可能になり、共催も含めてイベントを開催していきました。まだ立ち上げて1年しか経っていませんが、10時~14時という4時間だけの主催イベントには150~200人ほど集客ができるようになりました。

PUJのコンセプトは“ここでしか買えないもの”。イベントの告知はFacebookとPUJアドミン交代で執筆しているブログのみですが、口コミでどんどん広がっていきました。

LYRISに関しては、オリジナル商品は使い勝手がよく丈夫という評判をいただき、売り上げも伸びていきました。もともと大量生産できる商品ではないのと、加えてモデルごとに個数限定にしたことでレア感が生まれ、年度後半のイベントでは開店1時間前から行列ができるまでになりました。

2017/1/26に起こった火災、そして全焼

そんななか、キルスの作業所が今年1月26日(木)早朝、漏電による火災で全焼してしまいました。

2009年、フィリピンは幾度の大規模な台風に見舞われパシグ川が氾濫し、作業所が浸水の被害を被った経験から、それ以来2階部分を資材置き場にしていたのですが、運悪く燃えやすい資材が集まったところが漏電し出火してしまいました。幸い負傷者はいませんでしたが、工業用ミシン、資材、リサイクル素材、デザインデータ、パソコン、出荷準備を待つ商品すべて焼失してしまいました。約250人いる組合員の多くは工房周辺の貧困地域に住む小さい子供を持つ母親です。シングルマザーも多く、自宅で子供を抱えながら内職をし生活費を稼いでいます。とにかくキルスに組合員の生活がかかっているので、一日でも早く事業を再開し、彼らの生計を立て直すことが急務となっています。

詳細はこちら:http://news.abs-cbn.com/news/01/26/17/handicraft-makers-lose-livelihood-after-fire-guts-pasig-compound

資金の使い道

完全な再建には1000万円ほどかかる見通しで、個人ではとても支援できる金額ではありません。
まずはとにかく一部でもいいので事業再開に向けた援助になる、例えば工業用ミシンの購入費用や資材調達費用を集めたいと考えています。

そのため、取り急ぎの目標金額は50万円ですが、なるべく多くの資金を皆様よりご支援いただき、工場の再建に少しでも力になれれば、と考えています。

KILUSは貧困地域の住民の自立支援にもなり、しかも商品はアップリサイクルなので地球にもやさしいものです。
技術は他の国や地域にも流用できるものであり、世界中にアップリサイクルの輪が広がっていきうるものだと考えています。
ぜひ皆様のお力を貸してください。

 

リターン

ご支援くださった方々へのお返しとして、LYRISの商品以外にも、POP UP JAPONのメンバーからいろいろとプレゼントを頂戴しました。
リターンの発送は、日本・シンガポール、フランス、アメリカのみとなります。

L’Obi Design
http://www.lobidesigns.com/

Ogriv
https://www.facebook.com/ogriv.basket/

Copenhagen Delight
https://www.facebook.com/copenhagendelights.singapore/

Issa T
http://www.issatableware.com/

Buon Appetito
https://www.facebook.com/buonappetitooliveoil/
 
工場がある程度稼働をすることができるようになってから、リターンの作成を始めますので、お渡しの時期はそれ以降順次させていただきます。
すべてのグッズのお色については、こちらでお選びしてお送りさせていただきます。

▼2,000円  限定個数無制限
・お礼のメッセージ

▼5,000円 限定14個
・お礼のメッセージ
・メンバーからの感謝状
・再建後の建物で工場のメンバーととった写真
・工場内に感謝を込めてあなたのお名前を掲載
・OgrivプラかごMini 1個&プティトートチャーム1個セット or   OgrivプラかごS1個 いずれか1つ


↑プティトートチャーム


↑OgrivプラかごS


↑OgrivプラかごMini

▼6,000円   限定個数無制限
・お礼のメッセージ
・メンバーからの感謝状
・再建後の建物で工場のメンバーととった写真
・工場内に感謝を込めてあなたのお名前を掲載
・プティトートチャーム1個
・LYRISクラッチシルバー or LYRISポーチZipMIXカラー いずれか1つ


↑LYRISクラッチシルバー


↑LYRISポーチZipMIXカラー

▼10,000円  限定個数無制限
・お礼のメッセージ
・メンバーからの感謝状
・再建後の建物で工場のメンバーととった写真
・工場内に感謝を込めてあなたのお名前を掲載
・プティトートチャーム1個
・OgrivプラかごM(白or黒orブラウン)or LYRIS シルバーポシェット or Issa T 紀州手鞠漆器(小物入れオルゴール付き) いずれか
・LYRISマルシェトート or LYRISシルバートート or Copenhagen Delight提供 女児6歳用ドレスセット(チュニック、ヘアバンド、シュシュ) いずれか


↑OgrivプラかごM(左からブラウン、黒、白)


↑ LYRIS シルバーポシェット


↑LYRIS マルシェトート


↑LYRIS シルバートート(写真のアクセサリーは含まれません)


↑CopenhargenDelight ガールズドレスセット 


↑Issa T 紀州手鞠漆器(小物入れオルゴール付き)

▼30,000円 限定3個
・お礼のメッセージ
・メンバーからの感謝状
・再建後の建物で工場のメンバーととった写真
・工場内に感謝を込めてあなたのお名前を掲載
・プティトートチャーム1個
・L’obi Design ヴィンテージ帯パネル あるいは LYRIS 世界に一つしかないオーダーメードバッグ&東京・東十条アドリア洋菓子店ケーキセット券
・LYRIS シルバーポシェット 
・LYRISシルバートート


↑L’obi Design ヴィンテージ帯パネル

▼50,000円 限定3個 ※7/7もしくは7/10のイベントにご来場いただける方のみご支援いただけます
・お礼のメッセージ
・メンバーからの感謝状
・再建後の建物で工場のメンバーととった写真
・工場内に感謝を込めてあなたのお名前を掲載
・LYRISバッグの中から5点お好きなモデルを選べます。(下記イベントでお選びいただきます。)
・LYRIS世界に1つしかないオーダーメードバッグ1点オーダー権(サイズ、色、モデルが選べます。)
・アクセサリー・キーホルダー・チャームいずれか1点 お好きなアイテムを選べます。
・食通の間で有名な、東京・東十条アドリア洋菓子店のレーズンサンド1箱(10個入り)
・Buon Appetito提供 世界一に輝いたイタリア・シチリア産D.O.P. 【RE】EXバージンオリーブオイル1本

イベント詳細

コートヤード広尾 【First Friday】+【 POP UP JAPON】
7月7日(金) 午後6時~午後10時
〈First Friday … 毎月第1金曜日開催のコートヤード広尾主催イベント〉

POP UP JAPON in TOKYO@コートヤード広尾
7月10日(月)午前10時~午後3時(開催時間は変更あり)

▼100,000円 限定1個 ※7/7もしくは7/10のイベントにご来場いただける方のみご支援いただけます
・お礼のメッセージ
・メンバーからの感謝状
・再建後の建物で工場のメンバーととった写真
・工場内に感謝を込めてあなたのお名前を掲載
・LYRISバッグ 5点お好きなモデルを選べます。(下記イベントでお選びいただきます。)
・LYRIS世界に1つしかないオーダーメードバッグ1点オーダー権(サイズ、色、モデルが選べます。)
・アクセサリー・キーホルダー・チャームいずれか3点 お好きなアイテムを選べます。
・POP UP JAPONポップアップジャポンメンバー提供品 計4点
・L’obi Design提供 ヴィンテージ帯商品1点、Ogriv提供 プラかご1点、ISSA T提供 雑貨1点、Copenhagen Delight提供 雑貨か子供服セットいずれか1点
・食通の間で有名な、東京・東十条アドリア洋菓子店のレーズンサンド1箱(20個入り)
・Buon Appetito提供 世界一に輝いたイタリア・シチリア産D.O.P. 【RE】EXバージンオリーブオイル1本

イベント詳細

コートヤード広尾 【First Friday】+【 POP UP JAPON】
7月7日(金) 午後6時~午後10時
〈First Friday … 毎月第1金曜日開催のコートヤード広尾主催イベント〉

POP UP JAPON in TOKYO@コートヤード広尾
7月10日(月)午前10時~午後3時(開催時間は変更あり)

_
↑福袋セットで選べるアクセサリーイメージ


↑世界一に輝いたイタリア・シチリア産D.O.P. 【RE】EXバージンオリーブオイル


↑東十条アドリア洋菓子店のレーズンサンド

 

English Here↓

http://news.abs-cbn.com/news/01/26/17/handicraft-makers-lose-livelihood-after-fire-guts-pasig-compound

 

About KILUS & LYRIS

KILUS Foundation Cooperative is a non-profit foundation that creates Eco-friendly bags & accessories using recycle juice packaging material.  The material is collected mainly from the schools and parks in Metro Manila and suburbs.  We also use faulty and unusable finished products from the printing factories.

LYRIS helps in terms of the product design, marketing strategy and sales in Singapore. 

We have created some “green jobs" and help in the children’s education in Pasig district in Manila.

On 26th January 2017, a fire broke out in the middle of the night due to an electric leakage accident. It destroyed all KILUS foundation's assets such as its housing, the sewing factory and warehouse.  The fire trucks could not gain access to the site due to the narrow streets and the people could do nothing but watched the fire burnt everything to ashes.

There were 250 women who work at the factory.  With this fire outbreak the sewing machines, furniture, raw materials and finished products were all gone and indirectly their only income were affected. Fortunately, no one was hurt in this accident.

LYRIS has stepped up this project to get these people back in business again. They will start to work in a temporary place and meanwhile we need to help to replace 10 sets of high-speed sewing machines, raw materials, furniture, office supplies and other miscellaneous items. 

We need your help so that these 250 families will not suffer for long as this factory work is their only income resource.

 

French Here↓

KILUS est une association à but non lucratif qui crée des sacs et des accessoires écologiques en utilisant du matériel d'emballage recyclé.
Le matériel (emballages de jus de fruits,) est recueilli principalement dans les écoles et les parcs de Manille et de ses banlieues, mais aussi provient des séries défectueuses et inutilisables des usines d'impression.

LYRIS aide au design de certains produits, a la stratégie de marketing et de vente à Singapour.

Nous créons des « emplois verts » et aidons à l'éducation des enfants d'un des quartiers de Manille.

Dans la nuit du 26 janvier 2017, un incendie a éclaté et détruit les installations de KILUS : bureaux, usine de couture et entrepôt.
Les camions de pompiers ne pouvant pas accéder au site en raison des rues étroites et les efforts des habitants du quartier étant insuffisant pour éteindre l’incendie, au matin, le feu avait tout dévasté. Le feu a tout ravagé, les machines à coudre, les meubles, les matières premières et les produits finis. La seule source de revenus pour 250 femmes et familles a disparu. Heureusement personne n'a été blessé dans cette catastrophe.

Alors que l'activité recommence petit à petit dans un lieu provisoire, la première priorité est de remettre 250 personnes et familles en activité en retrouvant des ressources le plus rapidement possible. 
LYRIS s'investit et vous invite à participer à la remise en marche de Kilus en contribuant avec un don. Nous voulons ensemble aider à remplacer 10 machines à coudre, des matières premières, des meubles, des fournitures de bureau et autres articles divers.