究極の2次元添い寝を作りたい! 
バーチャル添い寝プロジェクト with 東北ずん子

77b5e76d5ef4efbc82422717677c523be93f878140b9af534faa4334d085?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171124%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171124t163227z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=d065c3b34769cb721770321be45e56c3188e58b5961a268320a10ee8bf0a63d7

(2016/09/21追記)
ここまでの支援、応援をいただいたおかげで開始1週間で目標の200万円のゴールを達成しました! 本当にありがとうございます!
支援をいただく中でいくつか要望をいただきました。 その中でも要望が多かった内容を実現するため、追加支援していただいた分で何を作るか発表させていただきます。

280万円の目標を達成しましたら、制服版東北ずん子ちゃんも実装します。 制服版ずん子ちゃんは黒のサイハイソックスを履いており、それもまた幸せにしてくれる太ももです。 この太ももの実装に向けてさらなるご支援よろしくお願いします!

 

可愛らしい女の子に添い寝をしてもらいたくありませんか?
柔らかい太ももを膝枕に顔を埋めて優しい空間で癒されたくありませんか?

そんな私たちの願望からこのプロジェクトを起案しました。
それが【バーチャル添い寝プロジェクト】です。
 

最高の添い寝を作りたい

私たちは最高の添い寝を作りたい、と思ってこのプロジェクトを始めました。
まずは最高の添い寝のために素材や技術を探しました。

・最高の添い寝空間はどうすれば作れるのか
・添い寝に最も適した、太ももの柔らかそうなキャラクターは誰か。
・添い寝に適した優しい声の声優さんは誰か。
・体や頭の動きに合わせて声を動かす方法はどうすれば良いのか。
などなど。

これらを組み合わせて最高の添い寝体験をあなたに届けたい。
そんな思いでプロジェクトをやっています。

添い寝キャラクターは太ももで

添い寝のキャラクターですが「太もも」と「ボイス」で選んだのが東北ずん子ちゃんです。
こちらの太ももをご覧ください。

健康的な太もも、そして柔らかそうな太ももです。
この太ももに膝枕してもらいたい、ですよね。

そして、この東北ずん子ちゃんの声優さんは佐藤聡美さんです。

佐藤聡美さんの代表作と言えば、氷菓の千反田える役、ウェンディ・マーベル役、ガールフレンド(仮)の椎名心実役など。 この佐藤聡美さんの「澄んだ優しい声」で添い寝シーンを演じてもらいます。

現代人が忘れてしまった山里のぬくもりに満ちた隠れ宿。 ずん子ちゃんと一緒に囲炉裏を囲んで、ゆっくりと流れる時間に身をゆだねる。 想像しただけで癒されてきませんか?

時代がついに追いついた

2次元のバーチャル添い寝の仕組みを作るにはいくつか必要なものがあります。 まず1つめが、VR(バーチャルリアリティ)と呼ばれる技術です。 この数年でヘッドマウントディスプレイをつかってバーチャル空間にダイブすることができるようになりました。

そして、バーチャル空間にいる添い寝をしてくれるキャラクター。 ただの3Dキャラクターだと2次元のキャラクターの良さが消えてしまいます。 

しかし、そこもつい最近技術の進歩で2次元キャラクターをバーチャル3次元空間に呼び出すことができるようになりました。
今回使用する技術の参考動画:Live2D Euclid

 

※Live2D Euclidは開発キット公開後に利用します。(現在、未公開)Live2D Euclidが資金調達後も未公開の場合には3Dモデルで先行開発し、開発キット公開後に差し替えさせていただきます。

音響にもこだわりを

音響についてもバイノーラル録音が可能になりました。
ただ、バーチャル空間では単純なバイノーラル録音では対応できません。
というのも、頭を左右に動かした場合には、バーチャル空間ではキャラクターも動き、声の方向も変わってくるからです。
これまでのバイノーラル録音ではバーチャル空間には対応できなかったのです。
本プロジェクトでは頭部伝達関数を利用し、音が自然と頭の動きに合わせて聞こえるバーチャルバイノーラルシステムを搭載します。
バーチャルバイノーラルシステムによって見る方向を変えても音が付いてくるようになります。
あのバイノーラルのゾワゾワする感覚をついにバーチャル空間に取り込めるようになったのです。

そしてちょっとだけ東北支援も

今回のプロジェクトではちょっとだけ東北ずん子ちゃんを通しての東北支援にも繋がる仕組みになっています。
Live2D Euclidでつくった東北ずん子ちゃんモデルを東北企業や東北のクリエイターさんが商用利用可能にします。
そもそも、東北ずん子ちゃんは東北応援キャラクターで東北企業・東北のクリエイターが無償で商用利用できるようになっています。
その商用利用の素材に、今回のプロジェクトで作ったキャラクターモデルを追加するという形でプロジェクトを通じて東北の応援もさせていただきます。

私たちにチャレンジの機会をください

これまでも私たちはいろいろなスマフォアプリやVRの仕組みを作ってきました。
ただ、これらは大手の企業さんから受注を受けて作るいわゆる「受託開発」になります。
今回は自分たちでプロジェクトをつくり、そして広げていきたい、という思いもあります。
このプロジェクトが上手くいけば、他のキャラクターにも同じような提案が可能になります。
「こんなにいい事例がありますよ」
「ほら、この添い寝、すごいですよね」といろんなキャラクターさんに提案が可能になるのです。
そうすれば、もしかするとあなたが大好きな他のキャラクターの添い寝も実現するかもしれません。
その一歩にもしたい、と思ってこのプロジェクトに挑んでいます。
スタッフも本気でいいものを作りたいと思っています。
これからのキャラクター添い寝の世界を大きくしていくため、ぜひ支援をお願いします!

添い寝のシステム

・スマートフォンの場合
スマートフォンアプリとして配信します。
iPhone、Androidに対応します。
VRを感じてもらうためにはVRゴーグルが必要になります。
もし、VRゴーグルが手元にない場合にはVRゴーグルセットのプランをお申し込みください。

・PCの場合
Oculus VR、HTC Vive等のハイクオリティVRデバイスに対応します。
スマートフォンの画像では我慢できない、もっともっと高性能なものを欲している人はいろいろVRデバイスも別途ご購入いただき、できあがった添い寝VRをお楽しみください。

添い寝のドラマについて

このプロジェクトが達成した場合、添い寝のドラマはいくつかは無償公開します。
ただし、無償公開には少し時間をいただき、まずは支援者さんに先行公開させていただきます。
また、高額支援者さんにはディレクターズエディション(特別版)をお礼として送付します。

リターン

500円
・お礼のメッセージ

5,000円
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)

7,000円
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。


10,000円
7,000円のお礼に加えて
・ブランケット

30,000円
10,000円のお礼に加えて
・ずん子ちゃん太ももマウスパッド


50,000円
30,000円のお礼に加えて
・タペストリー

55,000円 限定9個
30,000円のお礼に加えて
・B2タペストリーに佐藤聡美さんのサイン入り

9/13追加リターン!
70,000円  限定10個

50,000円のお礼に加えて
・B2タペストリーに江戸村ににこさんのサイン入り

100,000円 限定2個
55,000円のお礼に加えて
・ずん子抱き枕カバー