休刊から復刊を遂げたバイク雑誌「MOTO NAVI」創刊15周年
編集長のコラムをまとめた「VOICE from editor」を出版したい!

528b20b2783d26ebdb3000033e9953bcaadb05c58444396a69b494448906?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190917%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190917t084359z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=8806711d9dc0a089e93a3daa67daf699ebe3ca44239d1eb4a295e58f7a00d008

オートバイ雑誌「MOTO NAVI」編集長の河西啓介(かわにし・けいすけ)です。自動車雑誌「NAVI CARS」、自転車雑誌「BICYCLE NAVI」の編集長も兼任しています。

2001年に創刊した「MOTO NAVI」が、この春で15周年を迎えます。

“出版不況”と言われ、多くの雑誌が淘汰されていくなか、自分自身が立ち上げた雑誌が、紆余曲折ありながらも15年続いたということに、大きな感慨と喜びを感じています。

10代で乗りはじめ、30代で、もういちど乗りたくなったバイク

いま48歳の僕の青春時代は、1980年代のバイクブームまっただ中。
16歳で原付き、17歳で中型、20歳で大型二輪免許を取り、映画「トップガン」のトム・クルーズに憧れ、カワサキのNinjaに乗る、そんなごく普通のバイク好きの若者でした。

その後、社会人になり、自分のクルマを手に入れるようになると、徐々にオートバイから遠ざかり、やがて僕はクルマ好きが高じて「NAVI」という自動車雑誌の編集部員になりました。

そんな僕が30代になった頃、ふとまた「バイクに乗りたいな」と思ったのです。
あらためて乗った二輪は本当に、面白かった。
とくにハーレーやドゥカティといった、若いときには縁がなかった輸入車に試乗してみると、その個性的な乗り味に本当に驚かされました。

そして、雑誌を通じて二輪の魅力を伝えたい!と思ったのです。
峠を攻めたり、ヒザを擦ったりしなくても楽しめる“大人のバイクライフ”を表現する雑誌を作りたいと。

それが「MOTO NAVI」創刊のきっかけでした。
雑誌のコンセプトである「もういちど、オートバイと暮らす。」というフレーズは、だからそのときの自分自身に向けた言葉だったのです。


↑2001年3月に発行された創刊号。

15年間書き続けてきたコラム

それから気づくと15年。もちろんそれは多くの読者のみなさん、そして業界内外の方々の応援や支えがあってできたことであり、心から感謝をしています。

そんなMOTO NAVIの15周年を記念して、何かカタチに残るもの、記憶に残ることができないかな、と思って考えたのが、このプロジェクトです。

僕はMOTO NAVIの誌面で、創刊以来15年間、「VOICE from editor」という編集長コラムを書き続けてきました。
そのときどきに雑誌を作りながら考えたこと、オートバイや業界を取り巻くことや交通問題などの話。そういうことを、僕個人のフィルターを通して、私的に書き綴ってきました。

「VOICE from editor」とは“編集者の声、意見”という意味合いですが、同時に僕にとって15年の編集者生活の記録のようなものでもあります。

そして15周年という節目に、この「VOICE」から選んだコラムを1冊の本にまとめ、出版したいと考えました。

MOTO NAVIだけでなく、NAVI CARSやBICYCLE NAVIにも、同様に編集長コラムを書いていますので、それらを併せると100本以上の原稿を書いていることになります。その中から、自分で選んだ50本ほどをまとめたいと思っています。
 


↑MOTO NAVI 2014年8月号「VOICE from editor」より


↑NAVI CARS 2013年9月号「VOICE from editor」より

2010年の休刊と復刊

そしてこの本を出版したい理由はもうひとつあります。
じつはこの「MOTO NAVI」は、2010年にいちど「休刊」しているのです。
リーマンショックに端を発した不景気、それに加えた出版不況の影響で、当時MOTO NAVIの版元であり、僕も在籍していた出版社が、2010年2月をもって休刊を決めたのでした。


↑2010年2月に休刊が発表された号。

ですが僕としては、この雑誌のポテンシャルを信じていましたし、自分たちが作ってきた雑誌を続けたかった。諦めたくなかった。
そこでその思いを当時、ツイッターやブログなどで綴りながら、いろいろな方に会い、協力を募った結果、なんと自分たちで出版社を作り、MOTO NAVIとBICYCLE NAVIに関する権利を譲り受け、雑誌を継続させるという道が開けたのです。

そして休刊から間もない2010年3月、僕らは「ボイス・パブリケーション」という自分たちの出版社を立ち上げ、MOTO NAVIとBICYCLE NAVIを復刊させたのでした。


↑2010年4月に発行された復刊号。


↑休刊号の最後のページに掲載した「復刊のお知らせ」

それは当時の出版業界事情を考えれば、ちょっとしたミラクルであり、読者や業界が後押しした復活劇として、いろいろなところで取り上げていただくことにもなりました。

今回の「VOICE」では、そんな紆余曲折も含めた、15年のストーリーもあらためて知っていただいたり、思い出してもらえるような内容にしたいと思います。


↑ボイス・パブリケーションのオフィス。
上は元修理工場をリノベーションしたガレージ。下は編集部オフィス。

クラウドファンディングを使って本をつくるということ

ただひとつ、「VOICE」の出版に関して難しかったのは本の「流通・販売」についてです。
僕らボイス・パブリケーションは雑誌をメインとした小さな出版社であり、書籍を販売するための流通ルートを持っていません。
つまり書籍を販売するのであれば、自分たち自身でウェブなどを使ってダイレクトに販売しなければならないのです。
いわゆる“手売り”に近く、果たしてその方法で本の制作にかかる費用をペイすることができるのか…というのが問題でした。

そこで考えたのが「クラウドファンディング」を使って本をつくるということです。
今までMOTO NAVIを応援してくれた読者のみなさんや、今回の試みを知って興味を持ち、賛同してくださった方から協力を得て、本をつくる。
僕としては、制作費用の目処をつけることができれば、心置きなくいい本を作ることに専念できますし、また読者や協力者のみなさんの応援を募ることで、MOTO NAVIの15周年という節目を盛り上げることができ、雑誌の今後にもつなげることができると考えています。

読者や業界のみなさんに後押しされて復活した、MOTO NAVIらしい15周年の祝い方になるのでは、と思います。


↑福岡で行ったイベント「MOTO NAVI CAFE」で読者とともに。

ご支援いただいた資金の使い道

クラウドファンディングの目標金額としては、2段階考えています。
まずは100万円。これは本を作るための紙や印刷代、デザインやDTPなどにかかる原価です。およそ1000部ほどがつくれる計算です。
次に150万円。これを達成することができれば、部数をさらに増やすことができ、購入者へのノベルティなど、本の販売促進や宣伝などにかける予算を捻出することができます。


↑ボイス・パブリケーション5周年パーティーでスタッフと。

雑誌というのは“場所”である

このプロジェクトに協力してくださった方々にまずお返ししたいのは、本にみなさんの名前やコメントを掲載すること。
それによって、この本づくりに参加していただき、この本がみんなの力でできたことの証にしたいと思っています。

もちろんそれ以外にも、VOICE from editorにずっと挿絵を書いてくださっているイラストレーター、安藤俊彦さんの絵をポストカードにして、そこにお礼のメッセージを記してとお届けしたり、プロジェクトに協力してくれたみなさんを招いての出版記念パーティーを行ったりという、気持ちの通ったお返しをしたいと思っています。

僕がいつも考えているのは、「雑誌というのは“場所”である」ということです。雑誌というメディアを通じて、共通の趣味や趣向を持つ人がつながり、集うことのできる場所でありたいと思っています。
僕は雑誌は人をつなぎ、人の人生や生活に豊かな彩りを与える“力”があると思っていますし、雑誌というメディアの力を信じてきました。
そして今回は初めて雑誌ではなく、雑誌から生まれた書籍というカタチで、読者のみなさんとの絆を深めたいと思います。
僕の夢でもあり、MOTO NAVIの15周年イベントでもあるこのプロジェクト、ぜひみなさんとつながって、ともに喜びや感動を分かち合いたいと思います。
よろしくお願いします!


↑総勢9名のボイス・パブリケーション、スタッフ。

リターン

3,000円
・完成した「VOICE from editor」1冊
・あなたのお名前を「VOICE from editor」にクレジット掲載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ

5,000
・完成した「VOICE from editor」1冊
・あなたのお名前を「VOICE from editor」にクレジット掲載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ
・VOICE5周年冊子
・MOTO NAVI、NAVI CARSステッカー


↑ステッカーの一例です。お届けする商品は写真と異なる場合もございます。

10,000円
・完成した「VOICE from editor」1冊
・あなたのお名前とメッセージ(100文字程度)を「VOICE from editor」に記載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ
・VOICE5周年冊子
・MOTO NAVI、NAVI CARSステッカー
・VOICEパブリケーションでの出版パーティーに招待
※6月18日(土)、または19日(日)に開催予定
※参加が難しい方には、MOTO NAVI オリジナルTシャツをプレゼントいたします。


↑MOTO NAVIオリジナルTシャツ

30,000円
・完成した「VOICE from editor」1冊
・あなたのお名前とメッセージ(100文字程度)を「VOICE from editor」に記載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ
・VOICE5周年冊子
・MOTO NAVI、NAVI CARSステッカー
・VOICEパブリケーションでの出版パーティーに招待
※6月18日(土)、または19日(日)に開催予定
※参加が難しい方には、MOTO NAVI オリジナルTシャツをプレゼントいたします。
・NAVI CARS と MOTO NAVI を 1年間毎号、無料でお届け
・MOTO NAVI オリジナルコーヒー豆(200g)


↑左がVOICE5周年冊子、右がオリジナルコーヒー豆

60,000円(限定10名様)

・完成した「VOICE from editor」3冊
・あなたのお名前とメッセージ(100文字程度)を「VOICE from editor」に記載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ
・VOICE5周年冊子
・MOTO NAVI、NAVI CARSステッカー
・VOICEパブリケーションでの出版パーティーに招待
※6月18日(土)、または19日(日)に開催予定
・MOTO NAVI オリジナルTシャツ
・NAVI CARS と MOTO NAVI を 1年間毎号、無料でお届け
・MOTO NAVI オリジナルコーヒー豆(200g)
・「NAVI ON THE WHEELS」別注 カーボン製カードケースをプレゼント


↑「NAVI ON THE WHEELS」別注 カーボン製カードケース

100,000円(限定3名様)
・完成した「VOICE from editor」5冊
・あなたのお名前とメッセージ(100文字程度)を「VOICE from editor」に記載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ
・VOICE5周年冊子
・MOTO NAVI、NAVI CARSステッカー
・VOICEパブリケーションでの出版パーティーに招待
※6月18日(土)、または19日(日)に開催予定
・MOTO NAVI オリジナルTシャツ
・NAVI CARS と MOTO NAVI を 1年間毎号、無料でお届け
・MOTO NAVI オリジナルコーヒー豆(200g)
・「NAVI ON THE WHEELS」別注 カーボン製カードケースをプレゼント
・愛車を撮影し、MOTO NAVI表紙風にデザインし額装
(※撮影はボイス・パブリケーションのガレージで行います)

300,000円(限定1名様)
・完成した「VOICE from editor」10冊
・あなたのお名前とメッセージ(100文字程度)を「VOICE from editor」に記載
・安藤俊彦さんイラストカードにお礼のメッセージ
・VOICE5周年冊子
・MOTO NAVI、NAVI CARSステッカー
・VOICEパブリケーションでの出版パーティーに招待
※6月18日(土)、または19日(日)に開催予定
・MOTO NAVI オリジナルTシャツ
・NAVI CARS と MOTO NAVI を 1年間毎号、無料でお届け
・MOTO NAVI オリジナルコーヒー豆(200g)
・「NAVI ON THE WHEELS」別注 カーボン製カードケースをプレゼント
・安藤俊彦さんがあなの愛車を描いた原画をプレゼント
・上記の原画をMOTO NAVI表紙にデザインし額装


↑安藤俊彦さんのイラスト