日本のソウルフード
「おにぎり」で世界を変える!
『ミラノ万博』イベント出演決定!ご当地おにぎり開発
世界編 vol.1

6382d12e88db9760842c74a14a26e2ee33fa46214a9959b10da62aedf4af?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190715%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190715t205129z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=da5b6f4862b0d8ab4a85dae9cff6654fdaa13a18b69fa785c1b7d93ff6f5c0c2

一般社団法人おにぎり協会 ご当地おにぎり世界編 vol.1
『ミラノおにぎり』開発プロジェクト サポートのお願い

 こんにちは、私たち、おにぎり協会です

はじめまして。
「一般社団法人おにぎり協会」代表理事の中村と申します。

冒頭から唐突に私たちが制定した「おにぎりの定義」からさせて頂きました。
私たちは、『おにぎり』の地位向上を目指して、国内外で活動している一般社団法人です。

『おにぎり』は日本が誇る「ファーストフード」であり「スローフード」であり「ソウルフード」であると定義し、その文化的背景も含めて国内外に普及させていくことを目的としています。

日本人なら誰しも口にしたことがある『おにぎり』。“おにぎりを頭で思い浮かべてください”、そう言われて思い浮かばない日本人はいないはずです。

しかし、この『おにぎり』。
寿司や天ぷらと比べると、まだまだ世界的な認知度が低いのが現状でした。

 いま、おにぎりが世界的に注目を集めている!



しかし昨今、世界的に、以前よりも『おにぎり』が注目され始めているのをご存知でしょうか? 理由は大きく2つあります。

【1】寿司文化の浸透
寿司文化の輸出により「米を握り」「海苔を使う」ことに抵抗感がなくなり、より寿司よりも日常的なフード『おにぎり』が受け入られ始めているのです。

【2】日本アニメの影響
ポケモンを筆頭に、日本アニメの主人公たちが食べている食べ物として、世界的に広く知られ始めてきています。

和食が世界遺産に指定された勢いで日本も“食”を世界発信していく気運が高まっていますが、その中でも成功を収めつつあるのが、ラーメンやおにぎりではないかと思うのです。この2つは、次の『寿司・天ぷら』になるポテンシャルを秘めています。

 私たちが見据えているのは、東京オリンピック開催の2020年

おにぎり協会では、2020年に開催される東京オリンピックまでに、おにぎりの良さを国内外に発信、普及させ、多くの人々にその味わいを愉しんでもらい、日本の実質的な食文化を理解してもらうことを目指して、日々活動しています。

2020年、東京でオリンピックが開催される時には、国籍を超えて、みんながそこかしこで、おにぎりを当たり前に食べている。そんな風になっていることを目指して、それに向けて、今から各国各地で、布石を打っていくところなのです。

 これまでの活動内容

2014.7
日本橋おにぎりの開発・販売(200個完売)および講演
2014.9
第一回おにぎりサミット開催。
(クックパッドのニュースにもなりました。“海苔はパリパリ?しっとり?おにぎりサミットで真剣におにぎりについて考えた”


2014.10 
東京農大チームと共に表参道ごはんフェスでおにぎりイベントを実施。


みんなでにぎって、
 
海苔をまいて、

出来たてのおにぎりを持って、表参道を闊歩!

ばくっ! もぐもぐ

2015.1 
山と渓谷社で「山登りおにぎりレシピ」を開発。
2015.1
おにぎり協会代表がマルちゃん焼きそば40周年の大使に選定される。
2015.5 
イタリア・ミラノ万博に出展決定!おにぎりパフォーマンスを実施予定。


その他
「ご当地おにぎり」レシピ調査。
クックパッド公式キッチン「おにぎりジャパン」にて、47都道府県ご当地おにぎりレシピを紹介。 その取り組みが、クックパッドニュースにも取り上げられました。
 http://cookpad.com/articles/5002

<メディア掲載>

2014.10 
日本経済新聞
2014.11 
日本経済新聞 [関西版]、北日本新聞、福島民報、福井新聞、茨城新聞、山口新聞、中国新聞
2014.12 
おにぎり調査発表に伴い、Yahoo!ニュースや日本農業新聞など113媒体に掲載
2015.2 
日経トレンディネットで「おにぎり記事」掲載
2015.3 
朝日新聞で「行楽おにぎり&ご当地おにぎり」掲載

その他、ラジオ出演、雑誌・webメディア掲載多数。

 食の祭典「ミラノ万博」イベント出演決定!

そして遂に、2015年5月21日〜23日まで、食の祭典「ミラノ万博」日本館にて、イベント主演&ブース出展が決定致しました!

おにぎり協会にとって、海外でのおにぎりパフォーマンスは初となります。食の聖地イタリア・ミラノで、「日本の伝統食、おにぎりここにあり!」を全力アピール!さらに現地の方々を巻き込んで「ミラノおにぎり」をつくりあげます!

今回、パフォーマーとして一緒にミラノ万博に出向く強力助っ人はこの二人。


おにぎり浅草宿六 三代目の三浦洋介さん


人気食ブロガーのフォーリンデブ 橋本陽さん

ミラノ万博では、

・三浦さんによる寿司スタイルで握る『おにぎりライブパフォーマンス』
・ミラノの方々と一緒にオリジナルの『ミラノおにぎり』をリアルタイムで開発
・世界のオニギリストたちとおにぎりを握る体験会@ブース会場

の他、万博会場を飛び出しミラノ市内でのおにぎりイベント実施も現地のご協力をいただきながら企画しています!

 日本の伝統「おにぎり」を世界に伝えたい!

東京最古のおにぎり屋「宿六」さん。昭和29年創業の老舗です。
おにぎり 浅草 「宿六」

『宿六』三代目・三浦洋介さんとおにぎり協会の出会いは2年前。「浅草に職人気質の老舗おにぎり店がある」との噂を聞きつけアポなしで訪問。

開口一番「おにぎりで世の中を変えたい。協力してください!」とお願いする協会メンバー。

しばし絶句する三浦さん。

「やばい、久々に本格的なバカが来た・・・」と内心思ったそう。

それもそのはず、こちらは「本格的なおにぎりバカ」だったのです!

しかし「おにぎり愛」「おにぎり哲学」を語り合ううち意気投合。以来、おにぎり協会に欠かせぬメンバーとして、多くのイベントに参加いただいています。



「おにぎり浅草宿六」の三浦洋介です。
この度、ミラノ万博において、世界各国の方々へおにぎりを紹介させて頂く機会に巡り合えた事を非常に嬉しく思っています。

よく皆様に聞かれることがあります。「おにぎりへのこだわりは?」「おにぎりを美味しく握るコツは?」などです。

私はその都度答えているのが、「こだわりはありません。ただ単に自分が美味しいと思うおにぎりを皆さんと共有したいだけです。」「おにぎりはその人に美味しく食べてもらいたいと思って握るだけで美味しくなります。硬さや塩加減は好みですから。」と。

そうなんです!

おにぎりに堅苦しい作法やルール、
レシピなどは存在しません。

握る一人一人が、独創的に作れ、食べられるのがおにぎりなんです。年齢性別に関係なく味わえ、無限に広がる味のバリエーションがあり、地域毎の食文化を簡単に具現化出来るのもおにぎりの魅力です。

その誇る食「おにぎり」をミラノ万博で発信し、日本の食文化の一端を世界各国の皆さんと共有出来れば幸いです。


出来たておにぎり。

普段は真面目な三浦さんですが、ミラノ万博に向けて、自らおにぎりになってしまうくらい気合い入ってます!

おにぎり姿で握る三浦さん。


寿司よりもはるかに歴史の古いが、決まった型がないのが「おにぎり」の良さ。梅干、醤油などシンプルかつ伝統的な食材をベースに、自由な発想で「ミラノおにぎり」を楽しみたいと考えています。

 食材から「世界のおにぎり」を考えたい!

食ブロガーとして圧倒的な存在感を放つ、フォーリンデブ 橋本陽さん。
イエス!フォーリンデブ

著書「東京 肉らしいほどうまい店」をはじめ、最近は“肉のスペシャリスト”としてメディアに引っ張りだこの橋本さん。

実はお米ソムリエの資格を持つなど、“本食”はコメ!

「OTR(=On The Rice)」を推奨し、「コメをいかにおいしく食べるか」を追究し続ける哲人なのです。そして、おにぎりを愛して止まないのは言わずもがな。その証拠に・・・

見よ、この笑顔!

実はこの写真、橋本さんとおにぎり協会が出会ってから30分後。

おにぎりは、誰もが笑顔になれる「究極のコミュニケーションツール」でもあるのです!おかげで普段の倍の量を飲んで食べて、しっかり太りました・・・

フォーリンデブ 橋本陽です。
「お米」は日本の食卓の原点であり、
「おにぎり」は世界に誇る日本文化のひとつです。

世界が注目する「ミラノ万博」で、「おにぎり」に込めた日本の想いを広く伝えてまいります。ライス イズ ビューティフル!




韓国でもおにぎり。ミラノ万博を見据え、日頃からおにぎりPRに余念がない。


今宵もオンザライス!


とにかく食う。

世界に通用するおにぎり食材は一体・・・


あっ、これだ!

世界で通用するおにぎり食材として、
橋本さんが選んだのは牛肉。

もちろん「和牛」です。

なんと今回、ミラノでも焼肉店を展開するヤザワミートさんにご協力いただき、「ミラノオリジナル和牛おにぎり」にもチャレンジします!
 

 おにぎり応援大使メッセージ

●三代目小池精米店 小池理雄
お米を単なる食糧…という視点だけでなく、それにまつわる歴史や文化、関わった人の想いも一緒に販売しなくてはと考えています。 お米文化の象徴「おにぎり」を世界に伝播する皆さんの活動を、そういった視点から熱烈に応援しております!!!



●日本ソルトコーディネーター協会代表 青山志穂
ミラノ万博で日本のおにぎりを紹介できるなんて、なんて素敵なことなんでしょう。この知らせを聞いた時、大興奮してしまいました。なんでも包み込んでしまう包容力のあるおにぎりですから、きっとイタリアでも受け入れてもらえるのではないかと思います。このことがきっかけで、イタリアでニューおにぎりが生まれますように。

 

●山本海苔店取締役 山本貴大
おにぎりは、ヤマトタケルの時代から存在する日本のソウルフードです。しかもおにぎりは、海苔が巻かれていることで、お箸やスプーンを使うわけでもなく、素手から素手で受け渡しされる食品です。作った人の気持ちをもっともダイレクトに伝える食品「おにぎり」。日本の食に対する魂も、おにぎりを通じて世界へ広めてきて欲しいと願っています。

 今後の展開

冒頭でお話した通り、私たちの『おにぎり』普及活動は、東京オリンピックが開催される2020年を一つの指標として取り組んでいます。今回は、ミラノ万博の出展を記念して

〜ご当地おにぎり開発 世界編  vol.1 ミラノ〜

と銘打ったものになりますが、他にも実現していきたいことはいくつもあるんです。今回は、その第一弾です。

おにぎり協会が設立して2年足らず…
今までは有志を中心として活動して参りましたが、このミラノ万博出展を機に私たちが今まで以上に日本のソウルフード『おにぎり』を世界に拡めていくためには、『おにぎり』を愛するみなさまからのサポートが不可欠な状況です。

今回みなさまからいただいた支援は、このミラノ万博のイベント・ブース出展の設営や運営に関わる費用、おにぎり食材調査費などに使用させていただきます。

おにぎりサポーターとして、ぜひここから一緒に『おにぎり』の普及活動を盛り上げていきませんか?

 リターン

¥1,000
・御礼メール

¥1,500 おにぎりサポーターなら『ステッカープラン』
・御礼メール
・特製ステッカー3枚

¥4,000 おにぎりサポーターの証!『おにサポ名刺プラン』
・御礼メール
・特製ステッカー5枚
・「おにサポ」オリジナル名刺(100枚)
・ミラノ万博で撮影したメイキングムービーを先行お届け!


¥5,000 お腹いっぱい!『協会特製 塩おにぎりプランプラン』
・御礼メール
・特製ステッカー5枚
・「おにサポ」オリジナル名刺(100枚)
・ミラノ万博で撮影したメイキングムービーを先行お届け!
・ソルトコーディネーター 青山志穂 特製「おにぎり塩」30g
・小池精米店三代目 小池理雄 特製「おにぎり米」2合(300g)

¥6,000 これで完璧『おにぎりTシャツプラン』
・御礼メール
・特製ステッカー5枚
・「おにサポ」オリジナル名刺(100枚)
・ミラノ万博で撮影したメイキングムービーを先行お届け!
・ソルトコーディネーター 青山志穂 特製「おにぎり塩」30g
・小池精米店三代目 小池理雄 特製「おにぎり米」2合(300g)
・おにぎりTシャツ1枚(サイズ:M・L)


¥10,000 サポーター限定!『ミラノ万博報告&懇親会ご招待プラン』
・御礼メール
・特製ステッカー5枚
・「おにサポ」オリジナル名刺(100枚)
・ミラノ万博で撮影したメイキングムービーを先行お届け!
・ソルトコーディネーター 青山志穂 特製「おにぎり塩」30g
・小池精米店三代目 小池理雄 特製「おにぎり米」2合(300g)
・おにぎりTシャツ1枚
・ミラノ万博特設サイト内にお名前掲載
ミラノ万博報告&懇親会にご招待!美味しいおにぎりとお酒付き!
◎開催日時:7月5日(日)13時半〜  開催予定
◎場所:おにぎり浅草宿六
◎定員:10名(定員を超えた場合は、2回開催予定)
◎内容:ミラノおにぎりの試食、お酒(日本酒、焼酎その他)、おにぎりと一緒に食べるミラノで調達した食材。
おにぎり協会メンバーと、おにぎりとお酒で「おにぎり愛」を語り合いながら、楽しい時間を一緒に過ごしましょう!もしかしたら、2次会もあるかも!?

¥50,000〜 『おにぎり講演/出張プラン』
¥6,000プランに加え、
宿六三代目・三浦洋介が出張にぎりいたします。(日程、交通費等、要相談)


最後となりましたが、この度は本プロジェクトにご興味をもっていただきありがとうございました。ぜひサポーターとして一緒に、『おにぎり』の普及活動を盛り上げていきましょう!