<無名バンド・皆様ズ>
24時間ネットTV~俺が地球を救う~vol.2を開催したい!

Db7be71dde13a78c97748f49862a202d85a2c1bde05c9ccb16da4bd82d29?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180818%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180818t182700z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=c1f98ba39684b21a917c86cf7339ad88f4a51b99874dc2d48bfa980c637dc558

------------------
<運営からのお知らせ>
本プロジェクトでは支援終了期日まで、 銀行振込での支援を受け付けさせていただくこととなりました。 銀行振込をご希望される方は、「皆様ズプロジェクト銀行振込での支援希望」の件名で、下記アドレスまでメールにてご連絡ください。 担当者より、折り返し手順についてご案内させていただきます。
※ご連絡の際には、PCのメールアドレスより御連絡下さいませ。

info@greenfunding.jp
(こちらのメールアドレスをクリックいただけると、 メーラーが立ち上がります)
---------------------

このプロジェクトは、無名バンド「皆様ズ」がUstream連動の、フリーライブを開催するための費用を集めるプロジェクトです。

私ども、都内で活動中のバンドで「皆様ズ」と申します。
2011年に結成の後、下北沢や新宿を中心にライブをしております。
現在それぞれが社会人としてフルタイムで働きつつ、土日をベースに活動していて、今回の発足はVo.Gt.雑用のヌンチャクが主に担当しています。


皆様ズ。無名のくせに名前があるとは生意気である

なんでフリーライブ?

すごく最近の、近場の話になってしまうのですが、ここ数年でつきあいのあった、盟友と呼べるようなバンドがいくつも解散をしていたり、メンバーが脱退したりしています。そして、僕らもたくさん出させてもらっていた大好きなライブハウスがこの3月に無くなります。

いま、音楽でお金が稼げる時代ではないから、働きながらバンドを続けている人がほとんどです。でもだからって、食い扶持にならないからって音楽を諦める必要なんかどこにも無いと思うんです。

音楽が好きで好きで仕方ない人たちの居場所を作りたい。そして、それは今のままだとどんどん減っていくかもしれない。
なら、新しい価値観をどっかで見つけないといけない。その試行錯誤のひとつとして、できるかぎりはこうしてフリーで活動することを、フリーの中でどうやって回していくかを追求していこうと思っています。

音楽をフリーに

GoogleやYoutubeなど無料のサービスが当たり前にある現代に、お客様から直接集金するのは不自然ではないかと我々は思い至り、フリーで活動するスタンスを自然ととるようになりました。
ライブのチケット、グッズ、音源はすべて無料にし、気軽に足を運んで頂けるように設定。
しかし、それについては「プロ意識に欠ける」「音楽で勝負することから逃げている」「所詮はお遊びか」など、直接間接を問わず非難されることもあります。

もちろん、チケット代を頂いてライブを行う、ユーザーとその関係が成立しているバンドは素晴らしいですし、見習うべき点も多々あります。ただ、お客様にだけ支払いを押し付けてライブをする以外にも、やり方が見つからないものかと。せめてその試行錯誤からは逃げたくないな、ということもあり、自主企画を行う際には、既存の手段以外での開催を模索していました。

学園祭を取り戻したい!

上記の理由はどちらかと言えばバンドを運営する人間として、考えを外に向けたもの。
よりパーソナルなことで言えば、このバンドを始める前、中高大と基本的に友だちが居なかった僕は、校外学習に文化祭と、大抵の行事は一人で行動していました。僕の与り知らないところで賑わう学園祭はきらびやかで眩しくて、つい武道場の隅で膝を抱えながら「帯をギュッとね!」全巻を読破してしまう鬱屈っぷりでした。そんなもんですから、僕は果てしなく文化祭に憧れを抱いてまして。
一日中みんながカルチャーのことを考えながらワイワイやってて音楽も演奏されてるって、文化祭以外だともうライブハウスにしかなくって。で、文化祭って子どもがやるものだから凄く制限とかあったと思うんです。お酒出しちゃダメとか、射幸心を煽るようなゲームはダメとか。で、その制限をクリアして一つのものを作り上げていくのが面白い。

それを我々は「フリーで」ってことに感じているような気がします。無料だから安い問屋を探さなくちゃいけない、無料だから自分たちで賄う方法を考えなきゃいけない。それを繰り返すことでクオリティがあがることに、喜びをかんじているのかもしれません。今回は、かつてない難易度のクエストなので、みんなワクワクしてます。魔王を倒して、地球救いに行こうぜ!的な。 

無名のままでどれだけ世間を賑わせることができるか

次に疑ったのは、企画ライブのあり方です。
たいていの場合、インディバンドは半年~1年に一回ほど自主企画としてライブを行います。
しかし、都内では毎日のように誰かしらの企画が行われ、注目をあつめることは困難で、バンドマン同士の結束が深まっても、それがそのまま知名度に直結するわけではありません。
自主企画ベースで名をあげる方法と言うと、売れてるバンドに出演してもらうパターンが多いように思われます。
ファンのかたや「聞いたことある」というお客様に足を運んでいただき、認知を得る図式です。

勿論、後輩や同年代の実力ある若手を引っ張り上げるストーリーはとても美しいし、今後とも続いてほしい。
できるなら我々もいっちょ乗ってみたいとすら思うのですが、それ以外の方法を作り出すのも今後のライブシーンを考える上で大事かなと考えたのです。
言い換えるなら、無名のままでどれだけ世間を賑わせることができるか挑戦がしたい。
いちばんバンドマンらしくない方法で、かっこいい音楽を鳴らすバンドと肩を並べたい。
このライブを、イキのいい原石の見本市とし、そのために出来るだけ多くの人の目にこの事件に触れていただきたいと考えております。

※今回出ていただくバンドの皆さんは確実に皆様ズより格上の方々なので既存のやり方をなぞってるように思えるかもしれませんが、損得勘定ではなく、ただただ「わー、かっけえなー。いっしょにライブ演り続けて仲良くなりたいなー」と愛してる人たちばかりなのでご理解ご了承の上、お許し下さい。

24時間ネットTV~俺が地球を救う~vol.1

前回は、2013年3月24日~25日に「RIスタジオ三鷹の杜マンガミュージアム」という、スタジオとライブハウスの中間のスペースにて、総勢36バンド(ご来場のお客様を合計すると滞在人数は200名超)合計視聴者数2300名となっております。
前回はPA、放送、運営、すべて有志でまかなったためにこの規模でしたが、今回PA、照明、放送をライブハウスに委託し、宣伝と運営に集中することで、来場者、視聴者数は3~5倍となる見込みです!

24時間ネットTV~俺が地球を救う~vol.2詳細

日時:6/27(土)~6/28(日)
会場:埼玉県宮原に居を構える、大宮ヒソミネ(クラウドファンディングから生まれたライブハウスです)
出演者:皆様ズほか20~23バンド

裏の目玉→公開レコーディング・沈黙フェス

当日、その場で「24時間ネットTVズ」(仮)による「24時間のテーマ」を作成し、レコーディングまで行います!
また、「沈黙フェス」ですが「SUMMER SONIC」や「2015年早稲田祭」などで行われ、クラブイベントの新しい形態として注目されています。
DJが流している音楽を、bluetooth®送信機で飛ばし、お客様の着用したヘッドフォンで受信します。
すると、無音の状態でアガっている集団が出来上がり、そのさまがシュールで面白いと評判を呼んでいます。

当日はアツデン(株)様に「MOTU DW-05」をご協賛頂き、そのクオリティ高いサウンドシステムを体感いただけます。
また、深夜帯には公開レコーディングを敢行。このプログラム自体をCMとして取り扱い頂くことも可能なので、ご要望がございましたら仰ってください!

クラウドファンディングで生まれた場所、大宮ヒソミネ

会場となる、大宮ヒソミネは、壁面をスクリーンとし、2台のプロジェクターから流れる映像を照明として使用するなど、既存のライブハウスとは一線を画すアーティスティックな空間です。
今回のイベントを象徴する、チャレンジスピリットを持ったハコで、快く企画に賛同頂けました。

ヒソミネ・北野さまからのメッセージ

「バンド界隈でこれまでにこんな試みがあったでしょうか?
24時間かけてレコーディング、DJ、ライブとバラエティにとんだ内容。
そして、それを実行させる行動力。
私たちヒソミネスタッフも心を動かされました。是非このイベントを成功させたいと思っております。」

今回、クラウドファンディングを使うワケ

①ライブを演るならフリーで。
②大好きなバンドを広めるための見本市と位置づけるのであれば、バンド数を確保するためにも長時間やりたい。
と、高邁な理想を実現するために全部自腹でやったのなら、生活を逼迫するほどの赤字を産んでしまいます。きつい。

そこでまず考えたのが、スポンサーを募ることでした。
ターゲット層が出演者やお客様と合致する企業の宣伝をしつつ、質のいいイベントをつくり上げることができれば、お客様もバンドマンも企業の方々もみんなハッピーじゃん! と。
……ただ、世の中そこまで甘くはなく、今回のライブの内容をすべて賄おうとすると、いち企業にお願いするにはちょっとはばかられるくらいの金額がかかることが判明しまして。
スポンサードをお願いするために駆けずり回る前に、その方法を検討しなければなと思った次第です。 

そこで思いついたのが、クラウンドファンディングでした。

①スポンサーのリスクを分散させることができる。
②個人スポンサーへのリターンを手厚くでき、リターンの内容をチョイスできる
③立ち上げからプロジェクトに関わっていただくことで、記憶に残るイベントにしやすくなる。
などの、我々の目的とクラウドファンディングの特性が合致していたことが最大の理由です。

また、資金の使い道ですが、 ホールレンタル代、Ustreamスタッフ代、グリーンファンディング様への手数料となります。

ストレッチゴールの設定

30万円を目処にしておりますが、それ以外にも、目標金額を超えて36万円に達すると「Ustreamのカメラが固定だけでなく手持ちカメラもプラス」できます。
また、40万円に達するとポスター・フライヤー作成費、リターン分のグッズなど作成費などもこちらから賄えますので、私事ですが皆様ズが自腹を切る事態が避けられます。
次回の開催も充分視野に入れられます!
そして45万円以上ですと、「CDがCD-Rではなくプレスされた盤面になる」など、企画をより充実させることが出来ます!

新しい選択肢としての、24時間ネットテレビのフリー開催

既存の「バンドの企画ライブ」から脱したイベントを作り上げられればと思います。
ただ、『たったひとつの新しいやり方』として提示するというよりも、新しい選択肢を増やすことができれば成功と捉えています。
今後、「皆様ズ」のような木っ端バンドでもアイディアを駆使することでライブシーンに一石を投じることができるんだ、という事例になり得るように、頑張って成功させますのでひとつよろしくお願い致します。

リターン

▼1,000円
・皆様ズより御礼のビデオメッセージ(拒否可能)

▼2,500円
・皆様ズより御礼のビデオメッセージ(拒否可能)
・参加者の音源を集めたコンピ音源

▼5,000円
・皆様ズより御礼のビデオメッセージ(拒否可能)
・参加者の音源を集めたコンピ音源
・手刷りTシャツ

▼10,000円
・皆様ズより御礼のビデオメッセージ(拒否可能)
・参加者の音源を集めたコンピ音源
・あなたの名前入り、手刷りTシャツ
・缶バッジ
・ウェブサイトにお名前を掲示
・看板など、会場内にお名前と御礼掲載
・ライブ当日あなたの歌を作り、データにしてお渡し
(この曲に関してヌンチャクは著作権を完全に放棄します。ご自由にお使い下さい。拒否可能

▼30,000円企業様向けプラン
・各種宣伝物へのお名前掲載
・各企業様へのスペシャルリターンを個別に設定

▼100,000円企業様向けプラン 限定一個
・「皆様ズ×●●Presents」と、各種宣伝物へパートナー企業としてののお名前掲載
・スペシャルリターンを個別に設定(深夜枠のレコーディングプログラム使用してサービスの宣伝など。)
・複数の参加バンドに、実際にサービスや商品体験してもらう、なども検討可能です。


↑手刷りTシャツデザイン