11f21e068694b7b3c5735969268c28531f2006d80ea24df6c86f512eb86a?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180420%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180420t162045z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=806aa8a8cd508cfedd6efbe90f263d706bec825aa4af7f084a1f3c820f65db23

石川和人『Humanity』
写真集制作プロジェクト

C2f1f0bdd42a838d0923e1cf8fe832eb358aeaa27abac7d2c2ce202bcb12?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180420%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180420t162045z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=71502a2ea568f18f60017c579e1aaa7ba6cfcc24899f167486b1d443c74234f0

■□■ 運営事務局からお知らせ ■□■
銀行振込によるご支援の受付を開始しました。詳細はこのページの最後をご覧く ださい。なお、皆様のご支援によって、すでに目標金額は達成しましたが、実際 の制作費は、印刷費も含めるとまだ十分ではありません。引き続き、応援の程、 どうぞよろしくお願いいたします。

石川和人、初写真集プロジェクトサポートのお願い。

はじめまして、写真家の石川和人と申します。
プロジェクトサイトをご覧いただきありがとうございます。

私は2012年より情報過多の現代社会に生きる、
私達のアイデンティティの喪失をテーマに制作をしています。
現代ではインターネットを介して大量の情報が溢れています。
SNSなどを通して人同士が面と向かうことなく、情報の発信と受信が安易に繰り返されます。
それは、情報自体の薄さへとつながり、また人々は情報を得ること伝えることに夢中になり、情報から逃れることが出来なくなっています。
こうした行為が繰り返されることで、人は情報の塊と化してしまい、人としてのアイデンティティを見失う状況に陥っているのではないかと考えています。
次第に人と人との繋がりも薄めていくことになり、肌感覚で伝えることを忘れてしまうのではないかと感じています。

そして情報だけが伝わり、モノとしての存在感が加速度的に薄れていってしまうことも考えられます。
私にとってはモノとしての伝わり方がとても重要であり、そのモノにしか表すことのできない驚きや喜びをより身近に感じてもらいたいと思っています。
その1つのきっかけとして、「Humanity」というシリーズをまとめた初めての写真集を制作しようと思いました。

Humanity5

過去にも人気雑誌が廃刊になったり、音楽CDや漫画など、一部分のファンを除いては全てインターネットを介してデータをダウンロードする形へと変貌しています。
もちろん、私もデジタルデバイスには利便性や即時性があると思っています。
しかし『手元に置いておきたい』と思わせるもの自体がデバイス内の(デジタル)データへと変わっていく……
そんな現代の状況が、私にはとても寂しく感じられ、今私たちが感じている利便性は、人のすべてを満足させるものではないと思うのです。
私は今、自身の作品を通し、現代の情報の多さによる未来への危惧、アイデンティティの喪失を問い掛けようとしています。
まさに今、多くの人に見受けられる出来事が作品そのものなのです。
私の写真は一見、何か分かり難いかもしれませんが、これらは全てポートレートを撮影をしたものです。
その人を表す持ち物や服装、さらに被写体の好きなモノなども撮影して混ぜ合わせています。
技法としては、プラスチック板に出力をし、インクが定着しない半乾きのまま、版画のように混ぜ合わせていきます。
その後複写し、元々のポートレート写真の人の部分のみ合成していきます。
1枚の写真の中に複数の情報を入れることで『情報によって個人が無くなってしまっている』ことを表しています。

Humanity 1 

Humanity 14

これが写真なのかと驚かれた方も多いかもしれませんが、通常の写真行為とほとんど同じ流れでできています。
ただひとつ違うことは、私が写真として撮影した様々な情報を混ぜ合わせているということです。

それもデジタル技術などではなく、私自身が身体と感情を使い、インクを混ぜ合わせるというアナログな手法を用いています。
どのような状態に出来上がるかは毎回予想できず、その場その場の勝負になります。
ただ、この混ぜるという行為こそが重要であり、作品制作において触って感じることのできる感覚をとても大切にしています。
そして、その時に初めて立ち現れる特有の色こそが、本来その人の持つアイデンティティを表しているのではないかと思います。
その写真集には、データが持ちえない物質感を通して、私の考えがより一層肌感覚で伝わるものだと信じています。

今回の写真集制作にあたり、
作品の制作風景や作品に対する思いなど、写真集完成までの過程を活動報告に随時アップしていこうと思います。
私の作品に少しでもご興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、是非ともご協力をお願いします。
皆様からご支援いただいた資金は、写真集の制作に活用します。

最後に、
本プロジェクトに目を通していただき、ありがとうございました。

石川和人


プロフィール

石川和人 / Kazuto Ishikawa

83年埼玉県生まれ。
東京ビジュアルアーツ卒業。
現代のデジタル化による個人の喪失をテーマにし、
写真という情報の集まりをアナログ的な手法によって混ぜ合わせた作品を製作。
2015年「STEP OUT! New Japanese Photographers」IMA Gallery、
2013年「TokyoPhoto」などに参加。


リターン内容

¥3,000 ポストカードプラン

・サイン入りポストカード 3種

※画像はサンプルです。ポストカードは本作品の中からお好きなものをお選びいただけます。

¥5,000 壁紙プラン

・サイン入りポストカード3種
・壁紙用画像3種 
※ポストカード、壁紙用画像は本作品の中からお好きなものをお選びいただけます。

¥10,000 写真集プラン

・サイン入りポストカード3種
・壁紙用画像3種
・完成した写真集(クレジットにお名前を掲載) 
※ポストカード、壁紙用画像は本作品の中からお好きなものをお選びいただけます。

¥30,000 プリントプラン

・サイン入りポストカード3種
・壁紙用画像3種
・完成した写真集(クレジットにお名前を掲載)
・六切りサイズのプリント1枚(25.4cm×20.3cm)

※画像はサンプルです。ポストカード、壁紙用画像、プリントは本作品よりお好きなものをお選びいただけます。

¥50,000  木製フレーム入りプリントプラン(小)(限定5名)

・サイン入りポストカード3種
・壁紙用画像3種
・完成した写真集(クレジットにお名前を掲載)
・六切りサイズ木製フレーム入りプリント1枚(25.4cm×20.3cm)
※なお、フレーム入りプリントの送料が別途発生いたします。あらかじめご了承ください。
※ポストカード、壁紙用画像、プリントは本作品からお好きなものをお選びいただけます。

¥100,000 木製フレーム入りプリントプラン(大)(限定5名)

・サイン入りポストカード3種
・壁紙用画像3種
・完成した写真集(クレジットにお名前を掲載)
・大四切りサイズ木製フレーム入りプリント1枚(35.6cm×27.9cm)
※なお、フレーム入りプリントの送料が別途発生いたします。あらかじめご了承ください。
※ポストカード、壁紙用画像、プリントは本作品からお好きなものをお選びいただけます。

¥300,000 Humanityシリーズプラン(限定3名)

・サイン入りポストカード3種
・壁紙用画像3種
・完成した写真集(クレジットにお名前を掲載)
・石川が貴方のポートレート撮影をした後、作品として制作し大四切りサイズ木製フレーム入りプリント1枚をお渡し致します。
※首都圏以外の場合は、交通費を別途支援者様にご負担いただきます。あらかじめご了承ください。
※ポストカード、壁紙用画像は本作品の中からお好きなものをお選びいただけます。


<銀行振込によるご支援について>

本プロジェクトにおいて、銀行振込での支援希望を頂き、支援終了期日 (2015年9月7日(23:59))まで、銀行振込での支援を受け付けることに なりました。ご希望される方は、 「石川和人写真集制作プロジェクト 銀行振込での支援希望」の件名で、 下記アドレスまでメールにてご連絡ください。 担当者より、折り返し手順についてご案内させていただきます。

info@greenfunding.jp

※上記のメールアドレスをクリックするとお使いのメーラーが立ち上がります。
※ご連絡の際には、PCのメールアドレスよりご連絡ください。