11f21e068694b7b3c5735969268c28531f2006d80ea24df6c86f512eb86a?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181216%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181216t012252z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=79dee84dd377a3282ac2feedfd66c1994203975e7ec3f43a209681c67f8c5c42

PRELIBRI出版プロジェクト
写真家・一之瀬ちひろ
『STILL LIFE』写真集制作

新宿ニコンサロン 一之瀬ちひろ写真展「STILL LIFE」

一之瀬ちひろ写真展「STILL LIFE」
新宿ニコンサロンにて開催しております。
ぜひお立ち寄りください。
2016年4月5日(火)-4月18日(月)
10:30-18:30(最終日は15時まで)
会期中無休

新宿ニコンサロン ニコンサロンbis新宿
〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー28階 ニコンプラザ新宿内
03-3344-0565

ここに集めた写真は、2004年から2015年にかけて約11年間、作者が撮り続けてきた十数都市(ロンドン、NY、アムステルダム、バンクーバ一、ウィーン、バーゼル、南相馬、陸前高田、東京など)の部屋の写真である。
このシリーズをしばらく続けた後、なぜ私はささいな日常の、誰の注意もひかないような光景を撮りためるのだろうと、作者は問い直した。作者は、自分のまわりにはどんな日常があるのか、また彼らの日常はどのように保たれているのか、自分個人のつながりをたどって、知りたいと思っている。そして自分たちの日常は、見えないくらい薄く透きとおる布で包まれるように、この社会に覆われていることを感じている。
自分たちの日常には、見落としてしまうようなささいなこと、または理解や把握ができないくらい大きなことが日々起こり、これらの出来事に対して、語るべきふさわしい言葉をみつけることができない。作者は説得や腕力とは違ったかたちで、この語るべき言葉を持たない出来事たちを、写真に現したいと思っている。カラー35点。

一之瀬 ちひろ(イチノセ チヒロ)
1975年東京都生まれ。国際基督教大学大学院アーツサイエンス研究科博士前期課程。作品を発表する傍ら、書籍や雑誌、広告の撮影に携わる。2011年からリトルブックレーベル「PRELIBRI」としても活動。
写真展(個展):12年「KITSILANO」(銀 座ニコンサロン)、グループ展に15年「STEP OUT! New Japanese Photographer」(IMA gallery)、「LUMIX MEETS/BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS#3」(Yellowkorner Paris Pompidou)。写真集:06年『ON THE HORIZON』、12年『KITSILANO』、15年『STILL LIFE』。受賞歴:14年JAPAN PHOTO AWARD。

2016/04/06 05:16