11f21e068694b7b3c5735969268c28531f2006d80ea24df6c86f512eb86a?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180816%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180816t101402z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=d036fbeff4e095737a4456c25300a8339ba1e214cc71905f6c7421a2bdf0bd75

PRELIBRI出版プロジェクト
写真家・一之瀬ちひろ
『STILL LIFE』写真集制作

写真を支える紙のこと

PRELIBRI写真集プロジェクト応援いただきありがとうございます!

今回は、写真集の要ともいえる紙について。

こちらは、印刷する予定の紙に、
オフセット印刷平台校正機で試し刷りをしたサンプルです。
今回の写真集で使用しようとしている紙は、平和紙業さんのインペリアルマット。
写真では伝わりずらいのですが、
しっとりと、光が柔らかくグラデーションしています。
一之瀬の希望として、紙の風合いはマットに、
そして、印刷された写真面もマットにしたい。という希望です。
そのイメージを実現する為、平和紙業西谷さんにご相談したところ、
薦めていただいた紙が、インペリアルマットでした。
サンプルは、まだ調整していない製版データでの印刷でしたが、
大変綺麗にあがっています。
きちんと調整した写真での印刷であれば、かなり美麗な印刷に仕上がりそうです。

印刷で使用される紙には、紙の表面加工の有無で分類すると、
塗工紙と非塗工紙の2種類に分けられます。
塗工紙は、紙の表面に顔料を塗布し、平滑度や、白色度、光沢などを高めた紙です。
非塗工紙は、表面加工をしてない、風合いがあって、素材感を感じられる紙です。
塗工紙の中でも、微塗工紙というものがあり、
紙自体はマットで、印刷された面だけ光沢が出る紙もあります。

写真を印刷する支持体である「紙」
表現したいイメージや、方向により様々な選択肢の中から選びます。
この選択を間違うと、伝えたいメッセージ自体が伝わらず、
別の印象を付加してしまうことにもな大切な素材です。
写真集の中でも、本文用紙、見返し、表紙、カバー、差紙など、
さまざまな紙が使われます。
強度や用途に合わせ、適切な紙を選び、
組み合わせて1冊の写真集ができあがります。

ここから用紙選定、印刷校正、製本と進んでいきます。
仕様も現在試行錯誤しながら検討中です。
「写真集」にするまで決めることまだまだありますが、
ひとつづつ丁寧に形にしていきたいと思います。

フライヤーを置いていただきました!
ありがとうございます。
森岡書店 5月5日に2店舗目「森岡書店銀座店」オープンです。
平和紙業 PAPER VOICE 紙のプロがご相談にのってくれますよー。

PRELIBRI 小熊

2015/05/01 08:50