image

PRELIBRI出版プロジェクト
写真家・一之瀬ちひろ
『STILL LIFE』写真集制作

南相馬ひばりFM『若者たちのラジオ会議!』

PRELIBRI写真集制作を応援いただきありがとうございます

南相馬ひばりFM『若者たちのラジオ会議!』4/24(金)放送回で、
一之瀬ちひろ『STILL LIFE』 写真集制作について取り上げていただきました!
放送の様子は下記より聴くことができます。
https://www.youtube.com/watch?v=9ynV1sDZaR8

『若者たちのラジオ会議!』略して『ワカラジ』の皆さんとの出会いは、番組内でも触れられていますが、私が番組に連絡を差し上げたのがきっかけです。

『STILL LIFE』をまとめることを決めたころから、今の自分にとって一番切実な日常は何かな、と考えるようになりました。私の日常生活や物事にたいする考え方は、震災後大きく変わったなと思います。自分の生活の一番ベーシックな部分に大きな影響を与えた、という実感があって、それはきっとその後の毎日を日本で暮している人たちが少なからず共通に感じていることかもしれない、と思います。そういう根本的な変化を経たあとの日常、それでも続く日常についてもう少し考えたい。
写真家である私にとって「考えることは見ること」。その場所から自分が何を見て、感じて、考えるのかを確かめるため、去年の夏には陸前高田を訪れました。

そして、つい数週間前には南相馬をはじめて訪れ、『ワカラジ』の皆さんに会いました。しばらく話をしたあと、彼らは「海をみますか?」と私を海岸に案内してくれました。

海岸に立った彼らは、ラジオでしゃべっているのと同じように冗談を言い合いながら、子供の頃からよくここで遊んだ話とか、そんな話をしていてその中にはときおり震災の話も混ざり、私は海と彼らの笑い顔と冗談を言い合っている声と波の音を同時に受け止めている、自分の目の前に広がる状況に、なんだかとても圧倒されて、いまだにそのときに自分が感じたことをうまく言葉にはできそうもなく、だけど何回もそのシーンを思い出します。
私は彼らに又来る約束をして、東京に戻りました。
帰りの新幹線の中で、今日は一度もリュックからカメラを取り出さなかったな、と思ったりしながら。

次の南相馬訪問は5月になりそうです。

※youtubeの『ワカラジ』のチャンネルはこちらです。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/user/reborn0520

PRELIBRI 一之瀬


2015/04/26 08:06