B5e00bbe2700216c87ef72bf87b779ab7af88eca0868824dd60074b14cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190819%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190819t021701z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=1334e64ae3ea01206549370640c61c0d29b2f28d369fc95efb5a03d9025a8f59

武人ちゃんたい焼きを新たな太田市の名物に!
地元の企業・商店が連携。たい焼き片手に街歩きを楽しんで。

[武人ちゃんは現実] 上毛新聞社「古墳人、現る 金井東裏遺跡の奇跡」

上毛新聞社から「古墳人、現る 金井東裏遺跡の奇跡」の書籍が発行されました(未読)。

武人ちゃんを描くにあたり、できるだけ当時の資料を探すのですが、うどんにしろ猫にしろ、だいたい「奈良時代に中国から仏教とともに伝わり」とだけで、その前の古墳時代はミステリーです。

(詳細は要確認)渋川市の金井東裏遺跡で発見された「甲を着た古墳人」は全国に衝撃をもって伝わりました。榛名山の噴火による火砕流の中で、鉄製の1000枚もの短冊を綴った甲冑を着た武人が、妻と二人の子どもとともに前のめりに倒れていました。位の高いこと、戦でないこと、祭祀の最中ではないかといろいろな説があります。

なぜ民とともに逃げなかったのか、なぜ家族といっしょだったのか。いまから1500年前に群馬県で実際にあった悲劇です。

また、当時は大陸との交流が盛んだったこと、馬や牛などの生産が盛んだったこと、鉄製品など工業が盛んだったことなど生活の様子が知れます。

大きなものに立ち向かう、誇り高い、そんな印象を持てる出来事です。

2019/04/20 04:09