B5e00bbe2700216c87ef72bf87b779ab7af88eca0868824dd60074b14cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180815%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180815t111758z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=922017f9316e13cadf237c1a7d494f20f630af5fc688bbafc363ef1554d4c543

前橋市の新シンボル、岡本太郎作「太陽の鐘」の周りを緑でいっぱいにしたい!まちなか応援プロジェクト!

B31ee3e7ae698c61f8b9b5717752f609299d8e59dfb0ca5dbd8a6703cb66?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180815%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180815t111758z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=3c6bbe313d73da7d546f53032378ca6c43b1f79ff25b9ee27ac9411966a85bf5

このプロジェクトは、「前橋市を元気にしたい!」という熱い思いを持った有志「風の会」が、群馬県前橋市千代田町の広瀬川河畔に設置される故・岡本太郎氏作の「太陽の鐘」の周りを緑でいっぱいにし〝共感の輪〟を誕生させるプロジェクトです。

 

現在、まちづくりの指針である前橋ビジョン「めぶく。」の発表とともに発足した「太陽の会」と前橋市による官民連携事業として、世界的芸術家である故・岡本太郎氏による幻の作品『太陽の鐘』が、前橋市の広瀬川河畔緑地に寄贈・設置されることが昨年決定し、現在工事が進んでおります。

前橋の新たなシンボル「太陽の鐘」を、市民皆が楽しく過ごせるステキな場所にしたいと思っています。どうか皆さんの力をお貸し下さい!

 

〇故・岡本太郎氏作「太陽の鐘」とは?

<制作から間もない時期の「太陽の鐘」(日本通運提供)>

 

「芸術は爆発だ!」

この言葉は、日本が誇る芸術家、岡本太郎さんの言葉です。「太陽の鐘」は、1966年に、岡本太郎氏によって制作されました。鐘の直径は、約1.2メートル、高さは約2.4メートル。鐘をつるす台(高さと幅各約7メートル)と一体の作品です。もともとは、日本通運(東京都)が静岡県内に開業したレジャー施設に設置していましたが、閉園後は同社が保存し、長い間、人目に触れずに眠っていました。

 

〇前橋市と鐘

群馬県の県庁所在地である前橋市は赤城山の裾野に位置し街の中心を広瀬川が流れ、緑溢れる住み良い都市です。詩人・萩原朔太郎の生まれた街でもあり文学館やアーツ前橋など歴史や芸術に触れる場所も点在しています。
 

前橋の中心にある9つの商店街をQのまちと呼び、前橋三大祭りや様々なイベントを開催し、賑わいを見せるものの、日常的にはシャッターを閉めた店も多く閑散としているのが現状です。

 

 

そんな中、前橋市は将来を見据えたビジョンの必要性を感じ、民間の視点から前橋市の特徴を調査・分析を行い、「前橋市はどのようなまちを目指すのか。」を示すまちづくりに関する指針、前橋ビジョン「めぶく。」を策定しました。

前橋のビジョン「めぶく。」を推進すべく、地元企業家が「太陽」の役割を果たすべきであるという掛け声のもと有志が集まり「太陽の会」を設立しました。

企業家の力を結集し、50年後、100年後の前橋にとって資産となるような事業を策定し実行に移すべく継続的な活動を開始しました。その「太陽の会」プロジェクト第一弾として、岡本太郎氏の「太陽の鐘」を前橋市の広瀬川河畔に移設することが決まり、今年3月完成に向け、準備が着々と進んでいます。

<着工前の「太陽の鐘」設置場所。市民の憩いの場になっています>

 

〇プロジェクト始動~広がる共感の輪~

昨年5月、市内企業でつくるまちづくり支援団体「太陽の会」が東京都内で記者会見し、同市千代田町の広瀬川河畔に芸術家の岡本太郎氏(1911~96年)が制作した造形作品「太陽の鐘」を設置すると正式に発表しました。

そういった中で、市民団体である私たち「風の会」は「大勢に太陽の鐘を知ってもらいたい」「前橋の未来のために、一緒に活動に取り組んでほしい」という思いから、何かしら行えることがないか、昨年春から検討してきました。そして、前橋のめぶきの象徴である「太陽の鐘」を知ってもらうことで、多くの人々に〝共感の輪〟を広げ、太陽の鐘の門出を一緒にお祝いしてほしいと考えました。

2018年1月、太陽の鐘は〝前橋入り〟し、現在、着々と工事が進んでいます。想像以上に大きいこの鐘は、皆さんの生活を勇気づける前橋市の新たなシンボルとして根付いていくことでしょう。

 

<着々と工事が進んでいる太陽の鐘。壮大です。>

 

〇支援金について

皆さんから頂いた資金は、ベニシダやタマシダ、ハラン、オカメツタといった太陽の鐘の周りを彩る植物の購入費に使用させていただきます。

前橋ビジョン「めぶく。」から始まった「風の会」は、クラウドファンディングを活用することで、この事業を市民全体で応援し、後世に残るまちの歴史に実体験として携わってほしいと願っています。

また、風の会と同じ志を持った方が増え、前橋の未来を楽しくステキにしていける仲間を増やしたいと思っています。

 

〇風の会とは?

私たち「風の会」は、2016年夏、前橋市活性化のプラットホームとなるために、 前橋ビジョン「めぶく。」の発表とともに発足した市民団体です。 アナウンサーやデザイナー、会社・学校経営者など、市内を拠点に活動するさまざまなメンバーで構成されています。

<中央通り商店街の「前橋まちなか研究室」での会議の様子。どうやったら、まちを元気にできるのか、みんなでアイデアを出し合っています>

 

前橋を楽しくステキにするための、市民のアイデアの受け皿となること、太陽の当たる場所に“めぶき”の種をのせ、やさしく包んで運ぶ風。そんな風のような存在になりたいと活動しています。

 

〇リターンについて

リターンには、3月下旬のセレモニーに参加してもらえるイベント参加券のほか、群馬の素晴らしさを感じてもらえる品物をご用意しました。

また、太陽の鐘は通常は突くことが制限されているため、貴重な機会となります。より多くの皆さんに、行政と民間団体による連携の輪に共感していただき、この新しいめぶきの誕生をお祝いしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 

▽5000円

・お礼の手紙

・「前橋の芽吹きの象徴「太陽の鐘」を共感の輪で誕生させよう!(3月下旬予定)」イベント参加券

・「太陽の鐘」を突けます(上記イベント時。希望者多数の場合は抽選の可能性あり)

・風の会ホームページの「太陽の鐘関連ページ」にお名前を記載(不要な方は非掲載)

 

▽10,000円

・お礼の手紙

・「前橋の芽吹きの象徴「太陽の鐘」を共感の輪で誕生させよう!(3月下旬予定)」イベント参加券

・「太陽の鐘」を突けます(上記イベント時。希望者多数の場合は抽選の可能性あり)

・風の会ホームページの「太陽の鐘関連ページ」にお名前を記載(不要な方は非掲載)

・太陽の記念樹(「太陽の鐘」の周辺に植えてある木と同じものをプレゼント)

 

▽30,000円

・お礼の手紙

・「前橋の芽吹きの象徴「太陽の鐘」を共感の輪で誕生させよう!(3月下旬予定)」イベント参加券

・「太陽の鐘」を突けます(上記イベント時。希望者多数の場合は抽選の可能性あり)

・風の会ホームページの「太陽の鐘関連ページ」にお名前を記載(不要な方は非掲載)

・群馬県前橋市の名産をお届け「赤城の恵」セット 

 

▽50,000円

・お礼の手紙

・「前橋の芽吹きの象徴「太陽の鐘」を共感の輪で誕生させよう!(3月下旬予定)」イベント参加券

・「太陽の鐘」を突けます(上記イベント時。希望者多数の場合は抽選の可能性あり)

・風の会ホームページの「太陽の鐘関連ページ」にお名前を記載(不要な方は非掲載)

・太陽の記念樹(「太陽の鐘」の周辺に植えてある木と同じものをプレゼント)

・群馬県前橋市の名産をお届け「赤城の恵」セット

 

▽100,000円 ※法人向けプラン

・お礼の手紙

・「前橋の芽吹きの象徴「太陽の鐘」を共感の輪で誕生させよう!(3月下旬予定)」イベント参加券

・「太陽の鐘」を突けます(上記イベント時。希望者多数の場合は抽選の可能性あり)

・風の会ホームページの「太陽の鐘関連ページ」にお名前を記載(不要な方は非掲載)

・群馬県前橋市の名産をお届け「赤城の恵」セット

・前橋が生んだ美味しい日本酒

・風の会ホームページの「太陽の鐘関連ページ」に企業バナー掲載(不要な方は非掲載)