B5e00bbe2700216c87ef72bf87b779ab7af88eca0868824dd60074b14cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170923%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170923t181339z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=9db70e8040950f2a16574722833435784bb45911300b6619d900bde6a3a51516

✒限定100本✑ 現代に「KATANA」が蘇る!?「ペンどころグンマ」からオリジナル万年筆を作りたい!!!

ペン×日本酒~異色のコラボレーション

 

今回は、地酒「於波良岐(オハラキ)」についてお話しようと思います。

 昨年、館林邑楽産の酒造米を100%使って醸造した地酒「於波良岐(オハラキ)」。弊社は文具店でありながら「酒販免許」を取得し、地元農家と協力して原材料から栽培、醸造まで、すべて地元産にこだわった地酒を開発、広報と流通を担当しています。

 

「於波良岐」は館林邑楽地域の古代の呼び名。県産の酒造好適米「舞風」を生育し、市内の計6反の水田で栽培しました。当初、地元の蔵元(分福酒造)は県産の酒米を使ったことがなく、地元農家も酒米栽培に挑戦したことがなかったため、プロジェクトを開始するまでに、2年の月日を要しました。

 製造にまで乗り付けたものの、オリジナル製品はスタート時のPRがとても大切です。

「どういったPRが必要か」「どのように付加価値をつけるべきか」

 そこで、パッケージのデザインをインターネットを通じて全国のデザイナーに公募し、もっとも「於波良岐」の雰囲気にふさわしいものを選びました。また、本職である〝ペン〟から着想を得て、日本酒そのものにナンバリングし、〝自分だけの『於波良岐』〟として売り出したところ、今春までに全600本が完売しました。

 

「於波良岐」プロジェクトも2年目を迎え、段々と街中の飲食店で取り扱っていただく機会も増えてきました。また、今年も6反の田園に田植えし、製造をスタートしました。

 農商工連携を推し進めるだけでなく、地元農産品に付加価値をつけることで、こちらも国内外で有名にしていきたいと意気込んでいます。

館林(オハラキ)が生んだ自慢の一品です。皆さま、ぜひご賞味くださいませ!

 

2017/08/17 14:35