B5e00bbe2700216c87ef72bf87b779ab7af88eca0868824dd60074b14cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171118%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171118t062844z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=ac757a0ff665e25699eb7d2a6771d70d634ef9cd497799d024b4879244bec01e

末期がん宣告から13年。オレがたどり着いた死なない理由。
長生きのための食材、調味料とは? 『奇跡のシェフ』出版プロジェクト

2f198139917e9289f519fd25019a6604adeed8c8894192fe8d0648a65d34?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20171118%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20171118t062844z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=73f43488f649fe571e6de2481112716c9db20978e9964dca4ad5b90847552d9f

< 運営からのお知らせ>
銀行振込での支援希望をたくさんの方からいただいており、本プロジェクトでは支援終了期日まで、銀行振込での支援もお受けすることとなりました。
銀行振込をご希望される方は、「奇跡のシェフプロジェクト 銀行振込での支援希望」の件名で、下記アドレスまでメールにてご連絡ください。 担当者より、折り返し手順についてご案内させていただきます。
※ご連絡の際には、パソコンのメールアドレスより御連絡下さいませ。

info@greenfunding.jp(こちらのメールアドレスをクリックいただけると、メーラーが立ち上がります)

----------------------------------------------------------------------------------

こんにちは!『奇跡のシェフ』出版プロジェクトチームです。

このプロジェクトは、前橋市の料理人・神尾哲男さんが末期がん宣告を受けてから実践している調理法、おいしくやさしく、健康に長生きするためのレシピを中心に本を制作するものです。

末期がんだけど生きてるよ!

本を書くのは、2002年に末期がん宣告を受けた前橋市の料理人・神尾哲男さん。
「料理人ならではの方法でがんに向き合おう」と自分の体を使って試行錯誤、2015年の今も元気に、自転車に乗って前橋の街を走りまわっています。
そんな神尾さんが末期がんになってから実践している調理法、おいしくやさしく、健康に長生きするためのレシピを中心に本を制作。
塩、砂糖、しょう油、みそなどの調味料と油選びにも重点を置き、料理だけではなくドレッシングなどのソースレシピも公開。
より多くの人に健康的な食生活をお知らせしたいと考えています。

神尾哲男さんについて

1952年生まれ。料理研究家、「料理工房神尾。」主事。フレンチシェフ澤部喜次氏に師事し池袋「レストランブッシェ」からキャリアをスタート。1983年、群馬県前橋市の本格フレンチレストラン「食卓物語」のオープンに伴いシェフに。以来、群馬県内を中心にキャリアを重ねるが、2002年に末期がんが判明。がんを抱えながら2007年、前橋市に「レストランポコ」開業。体に優しい料理は評判を呼び、多くのファンを持つが2013年閉店。その後は健康に生き続けるための料理を提唱し、後進の指導にあたっている。

「食」を通してがんと向き合う

神尾さんの料理にはたくさんのファンがいます。また、面白くて、フレンドリーで、いつも紳士な神尾さん。その料理とキャラクターは唯一無二。前橋の街を歩けばすぐに声が掛かる人気者でもあります。 体にやさしい料理をつくるようになったのは、2002年の末期がん宣告がきっかけでした。

「知識がないままに手術、投薬、放射線と、病院が勧める治療を試してみた。抗がん剤をすすめられた時に考えた。ほかに道はないのだろうか―」(神尾さん)

神尾さんは料理人らしく「食」を通してがんと向き合おうと考えました。たどり着いたのは体に優しくシンプルな料理。特に重要なのが塩、砂糖、しょうゆ、酢、みそなどの調味料と油。普段の調味料を徹底的に検討しました。 2015年の今も神尾さんは元気です。脚の付け根で大きくなった腫瘍を人に触らせては「すごいだろ」と笑っています。

全部話さなければ死ねません!

神尾さんは料理教室などで少数に向けてレシピを公開したことはありましたが、本を書いたことはありませんでした。
13年という長い間、末期がんと向き合ったからこそ分かったこと、そこから出発したレシピを「より多くの人に役立ててほしい」と出版を目指します。

全部話さなければ死ねません!

出版概要(予定)

タイトル:『奇跡のシェフ』  著者:神尾哲男
仕様:A5判変型/オールカラー/128ページ  
内容:末期がんを患った神尾さんが、現在に至るまでの13年間、何を学び何を作るようになったか。本を通して伝えたいことを語ります。
【俺のレシピ40】「焼く・炒める」「揚げる」「煮る」など調理法別に、神尾さんが提案する “細胞がよろこぶ” レシピ約40種を紹介。
【ソースは手作り】ソースだって手づくりしよう。マヨネーズやポン酢など、普段使いにお勧めのソースレシピ。
【調味料を選ぶ】神尾さんの料理のポイントは調味料選びにあり。神尾さんが長年かけて選び抜いた塩やしょうゆ、油などを紹介。

プロジェクトの目標

今回のプロジェクトの目標金額は30万円です。
多くの人が普段の食卓に応用できる、神尾さんが生み出したレシピを出版できたらと思います。ご支援よろしくお願いします。

頂いたご支援について

みなさまより頂いたご支援は、出版費用など、今回のプロジェクトのために使用させて頂きます。

クラウドファンディングを使うことで、神尾さんのように、工夫をしながら病と付き合っているがん患者がいることを知ってほしいと思いました。
またその存在が希望になれば。  
集まった資金で本をつくり、神尾さんの料理がもっともっと広く親しまれますように。

簡単でおいしい料理は、誰にとってもありがたいはずです。

リターン(支援に対するお返し)

▼5,000円
・お礼のメール
・著者サイン入り『奇跡のシェフ』1冊 
・巻末 special thanks にお名前掲載 

▼10,000円
・お礼のメール
・著者サイン入り『奇跡のシェフ』1冊
・巻末 special thanks にお名前掲載
・神尾チョイス「TOKUNAGA」オリーブオイル 250ml


↑TOKUNAGAオリーブオイル

▼30,000円
・お礼のメール
・著者サイン入り『奇跡のシェフ』5冊
・巻末 special thanks にお名前掲載
・神尾チョイス「TOKUNAGA」オリーブオイル 250ml
・神尾チョイス「丸中醸造醤油」 150ml×2本
 ※冷蔵庫に保存しておいしい状態を保てるように小瓶2本セットにしました。
・出版記念イベントご招待 ※発刊後に前橋市内を予定しています。


↑丸中醸造醤油

▼50,000円
・お礼のメール
・著者サイン入り『奇跡のシェフ』10冊 
・巻末 special thanks にお名前掲載
・神尾チョイス「TOKUNAGA」オリーブオイル 250ml
・神尾チョイス「丸中醸造醤油」 150ml×2本
 ※冷蔵庫に保存しておいしい状態を保てるように小瓶2本セットにしました。
・出版記念イベントご招待 ※発刊後に前橋市内を予定しています。

▼100,000円
・お礼のメール
・著者サイン入り『奇跡のシェフ』30冊 
・巻末 special thanks にお名前掲載
・神尾チョイス「TOKUNAGA」オリーブオイル 250ml
・神尾チョイス「丸中醸造醤油」 150ml×2本
 ※冷蔵庫に保存しておいしい状態を保てるように小瓶2本セットにしました。
・出版記念イベントご招待 ※発刊後に前橋市内を予定しています。