C4aca1be1bfb79817cc7c7554b568c8fcba1e80eac407be670962b1ddfba?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170523%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170523t030440z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=f1c85a6d179f68460855e3775cd51bed7a12e5e41209674b7951d9db15e6e44e

世界で一番カラフルな基地を神宮前に!
東京に、もうひとつの2丁目をつくりたい!

Cda3648135aa29f056ccd30a3a32714b45311e5fcb337a83f3cceec4a43c?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170523%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170523t030440z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=777a888b92969b38916708b1a327f693749cf300fa761b7cc5bb99608b87235a

このプロジェクトは第1の目標50万円を達成することが出来ました。
元々第2目標として掲げていた70万円を次の目標にしようと思います。70万円集まれば、LGBTファミリーや子どもたちが気軽に遊びに来られるよう、 絵本コーナー(LGBTについて子どもでも学べる絵本もあるんですよ!)を設置することができます。

もちろん、最終ゴールの100万円も視野に入れ みんなで呼び掛けていきたいと思っています。この活動がもっと多くの方々に広がるよう、皆さん更なる支援、拡散をお願い致します。

このプロジェクトは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)をはじめとするセクシュアル・マイノリティの人も、そうでない人も、年齢も国籍も越えて、いろんな人が自分らしく暮らし、働き、遊び、集えるような、新宿2丁目と並ぶ、オープンでクリエイティブな2丁目を東京につくりあげるプロジェクトです。

アートやファッションと下町商店街が共存する奥原宿こと「神宮前2丁目」に、LGBTに関する前向きな情報発信を行うコミュニティスペース「カラフルステーション」をつくりあげます。同じ志をもった個人、団体、企業といっしょに、神宮前2丁目商和会のおじちゃん、おばちゃんも巻き込んで、2020年には世界でいちばんカラフルな街を目指して行きます!

こんにちは、特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ代表の松中権です。

ぼくたちグッド・エイジング・エールズは、「LGBTと、いろんな人と、いっしょに。」をテーマに、LGBTにとってもそうでない人にとっても、みんなにとって心地いい場所づくりを目指し活動しています。

グッド・エイジング・エールズを作った経緯

元々ぼくは自分がゲイだというのを何となくポジティブに捉えていて、周りの家族や友人にも恵まれたこともあり、ゲイに生まれてあまりひどく悩む事がありませんでした。

だけど、周囲のLGBTの友人の話を聞いたりする中で、そんな境遇にいられて来たのは本当にラッキーなことで、たまたま恵まれていただけなんだということを知りました。日本各地、世界各地にLGBTであることで悩みや苦しみを抱える人たちは本当にたくさんいて、耐えられず自ら命を絶つことも稀ではありません。ちょっとしたことで、ぼく自身も同じように絶望の淵に立たされていた可能性もあるのだなと考えると胸が強く締め付けられることも。

そんな中、学生時代に留学したオーストラリアで、LGBTの人たちがありのまま自分らしく暮らす社会に触れたことをきっかけに、いつかそういう自分のラッキーな境遇を、みんなにとってやさしい社会をつくるために生かしたいなと思うようになっていました。

広告会社に就職した当初から仕事としてLGBTについて取り組みたいと思っていたのですが、その頃は、古い会社の体質や社会の状況などが障壁になり、なかなか想いが叶わずにいたんです。

そんな時、入社8年目にニューヨークに半年間ほど海外研修に行く機会があり、現地のイベント会社で仕事をすることになったところ、そこに「ノンプロフィット・ディヴィジョン」というニューヨークのNPOやNGOのイベントをサポートするセクションがありました。

そこで、アメリカのNPOは企業がお金を出してNPOをサポートして、NPOがそのお金を使ってイベント会社にきちんとプロの仕事をして頂いて、NPOが提供するサービスをより魅力あるものにして社会に還元していることを知り、そういう社会ってとても素敵だなと感じたんです。

また、ニューヨークには「エイジング・ケア」のLGBTの団体があることも知りました。その頃日本では、HIV関係のNPO活動は活発でしたが、生活に根差したライフスタイルをサポートする団体はなかったので、そういう事も出来たらいいなと思いました。

グッド・エイジングの意味

ぼくたちは、LGBTの人たちが歳を重ねることをもっと楽しめるように「グッド・エイジング」を目標にしています。
「アンチ・エイジング」ではなく、「グッド・エイジング」。

いまの日本では、LGBTの人たちは結婚することも、家族と暮らす未来も描きづらいので、歳を重ねていくこと、その先の老後を迎えることに不安を覚えている人がとてもたくさんいます。
自分の加齢や老後を想像することに対して、目をそむけている人も。その結果、さまざまな情報からも隔離されがちです。
例えば、いざ60歳で定年になって、自分が年金をもらえるまで空白の5年間があることや、世の中の高齢者に対するサービスや介護保険の仕組みが今後地域包括システム型に向かっていることなどを意外と知らなかったりします。家族付き合いがあればそういう情報は入ってきますが、どうしてもLGBTだとそういう情報が耳に入らないことが多いのです。

だけど、エイジングというのは、LGBTの人たちにも必ず訪れるもので、とてもとても大切なこと。友人や仲間たちとワイワイ夜にお酒を飲むのもいいけど、たまには昼間の時間にちょっとだけ真面目なことを、だけど真面目すぎず楽しくお話することから始めませんか?ということで、2010年の4月4日(3月3日でも5月5日でもありません!笑)に、トークイベントやワークショップを中心としたぼくたちの活動はスタートしました。

これまでのグッド・エイジング・エールズの活動

介護やお金に関するワークショップ、先輩LGBTに人生について伺うトークショー、LGBT学生に向けたシューカツ座談会やLGBT異業種交流会に加え、 葉山では、2011年から夏限定のLGBTフレンドリーなカフェ「カラフルカフェ」を運営。

阿佐ヶ谷には、2013年4月にLGBTフレンドリーなシェアハウス「カラフルハウス」をオープン。

小淵沢の中村キース・ヘリング美術館と連携して、2013年からダイバーシティランイベント「カラフルラン」をもプロデュース。

様々な企業と協力して、職場環境を改善するための「Work With Pride」ネットワークも構築しています。

そんなぼくたちが活動5年目に取り組むのが「街づくり」。まだまだ偏見や差別がある日本では、LGBTの当事者の人たちは普段は本当の自分を隠し、偽って暮らしています。
たまに限られたクローズな場所で自分を解放したり、本当に心の許せる仲間や友人達とだけ恋の話をしたり、という二重生活をしている状況です。
そのような現状を打ち破り、LGBTもそうじゃない人も垣根なく集まり、ありのままの自分で交流することができる、そんな街をつくりあげたいと思っています。

カラフルステーションはその出発点、きっかけ、基地。クリエイティブな地域でありながら、昔ながらの商店がたくさん残る街「神宮前2丁目」に、老若男女LGBT問わず、誰もが気軽に立ち寄れていろんな個性に出会い、意気投合し、楽しい化学反応を起こすことのできるステーションを!
既に地元の神宮前二丁目商和会のみなさんにLGBTについての基礎講座を開いたり、少しずつプロジェクトは進み始めています。(写真はピープルデザイン研究所のご協力で開催した勉強会の様子)

「新宿2丁目」と並ぶ、オープンで心地よい「2丁目」をもうひとつ東京につくろう!そんな思いがたくさんの人とシェアできる場所になればいいなと思っています。
みなさんもいっしょに2020年を目指し、世界に誇れるカラフルでピースフルな新しい街づくりに参加しませんか?
ぜひ、サポートをお願い致します!

どんな場所になるの?

築約50年の棟続きのふたつの一軒家をつなぎ、リノベーションしてつくるカラフルステーションには、こんなスペースを設ける予定です!!
なお、本プロジェクトは、同じ志を持つ株式会社ニューキャンバス(代表:杉山文野氏)との強力タッグにて実現していきます。

1階は、アジアンダイニング「irodori」

LGBT、ストレートアライ、近所の家族連れ、観光に来た外国人。セクシュアリティも、年齢も、国籍も越えた個性豊かな人たちが気軽に集える、ちょっとおしゃれなアジアン食堂に。
自らトランスジェンダーであることをカミングアウトし、各種メディアをはじめさまざまなフィールドで活躍する杉山文野氏が、「LGBTの人たちが安心して、自分らしく働ける場所を提供したい。」という熱い思いと豊富な飲食業界での経験をもとにトータルプロデュース。
株式会社ニューキャンバスとLGBT当事者スタッフにより運営される予定です。

2階は、シェアオフィス&コミュニティスペース「FLAT」

あたらしい働き方の象徴として注目を集めるシェアオフィスを、LGBTフレンドリーな視点で。フリーランスのクリエイターから、個人事業主、NPOやNGO、ベンチャー企業など、「みんなに心地いい社会づくり」を目指していることが参加条件。全く違う領域のプロ同士がフラットな関係で出会い、交流することで生まれる化学反応を楽しめるのが醍醐味です。
固定デスクプラン(月45000円予定)、フリーデスクプラン(月25000円予定)を用意する予定です。 情報交換ができるコミュニティスペースも設置予定ですので、気になったら、まずは、ふらっと遊びにきてください!

1階 & 2階に、アートギャラリー&情報発信スペース「MoCA:Museum of Colorful Art, Tokyo」

グッド・エイジング・エールズでは、2012年「LGBT ART 2012」、2013年「カラフルカフェ」・「カラフルカフェ2」にて、LGBTのアーティストの方々の作品を数多く紹介し、メッセージ発信のサポートを行ってきましたが、ついに常設でアートギャラリーが登場します。
「irodori」と「FLAT」の一角、そのふたつをつなく階段を活用した回遊型スペースでは、作品展示だけではなく、LGBTについて気軽に知って学べるプロジェクトやワークショップも開催できたらいいなと思っています。

共同プロデューサー 兼 サポーター

杉山文野(株式会社ニューキャンバス代表取締役/NPO法人ハートをつなごう学校代表/東京レインボーウィーク実行委員会代表)

プロフィール

1981年東京都新宿区生まれ。フェンシング元女子日本代表。早稲田大学大学院にてセクシュアリティを中心に研究した後、その研究内容と性同一性障がいである自身の体験を織り交ぜた『ダブルハッピネス』を講談社より出版。
韓国語翻訳やコミック化されるなど話題を呼んだ。卒業後、2年間のバックパッカー生活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。帰国後、一般企業に3年ほど勤め、現在は自ら飲食店を経営するかたわら、セクシュアル・マイノリティの子供たちを応援するNPO法人ハートをつなごう学校の運営や、各地での講演、NHKの番組でMCなども勤め、何足ものわらじを履いて日本全国を奔走中。

コメント

「こんにちは! 杉山文野(すぎやまふみの)です。 僕は今いくつかのNPOや飲食店に携わりながら、誰もがフラットにコミュニケーションをとることができる場所を増やして行きたいなと思っています。今年の1月には更にその活動の輪を広げるため、いろんな個性が輝ける新しい場所づくりを目的とした株式会社ニューキャンバスを立ち上げました。このカラフルステーションはその第一弾としてスタートしたプロジェクトです。
何故そんな場所を作りたいの?と聞かれれば、誰よりも僕自身が様々な人との出会いによってここまで来れたという思いがあるからです。性同一性障害であることを隠していた頃も、カミングアウトしてからも、留学しても、就職をしても、人生に迷ったときも、いつでも次の一歩のきっかけをくれたのは新しい人との出会いでした。
残念ながらLGBTの人たちの中には自分のセクシュアリティをうまく表現できずに生きづらさを感じている人たちがおり、未だに様々な悩みが僕のところに寄せられています。でもその悩みに耳を傾けてみると、本当にわずかなきっかけさえあれば変わる事ができる可能性がいっぱいあるなとも感じています。このカラフルステーションはそんなLGBTの人も、そうでない人も、スタッフもお客様も、様々な垣根を越えて集える場所にしたいと思っています。
違いこそ人生のイロドリ!
ココロにもカラダにも美味しいご飯を食べながら、 楽しく働きながら、みんなで街をカラフルに彩っていきましょう! 応援どうぞ宜しくお願いします!」

目標金額

第一の目標金額は50万円。
カラフルステーションに必要な設備(家具・コピー機やエアコンなど・・・)を備える資金の一部に使わせて頂きます。

第二の目標金額は70万円。
LGBTファミリーや子どもたちが気軽に遊びに来られるよう、絵本コーナー(LGBTについて子どもでも学べる絵本もあるんですよ!)を設置することができます。

そして最終目標は100万円です。
みんなが楽しみながら学べるLGBTテーマの映画や映像の上映会を定期的に開催するために、ミニシアター設備を完備したステーションにすることができます!

リターン

▼2,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーション2Fシェアオフィス「FLAT」ワンデーパスを1枚

▼4,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーション1Fアジアンダイニング「irodori」ランチペア利用券を1枚

▼7,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・グッド・エイジング・エールズグッズ詰め合わせ
※マグカップやスポンジワイプなど、グッド・エイジング・エールズのオリジナルグッズをお届けします。

マグカップ: グッド・エイジング・エールズを2011年1月から継続的にポートしてくださっているAlfa Romeoと、日本中にLGBTフレンドリーなカフェの輪を広げよう!という掛け声のもと実施した「Welcome! Cafe Project」のオリジナルマグカップ。回収した食器を原料に配合した「土色彩土」にて  作り上げた美濃焼です。  

スポンジワイプ: 天然パルプ100%のセルロース(植物繊維)とコットンでできたドイツ生まれ、北欧やヨーロッパでは家庭の必需品のフキン。通常フキンの2~3倍の吸水力があり、乾かせば何度も使える優れモノ。台ふき・食器ふき・キッチンまわりの水拭きだけでなく、カラフルカフェでは、4等分に切ってコースターとして使用しています。  

▼10,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーションオープニングパーティへご招待
※2014年5月17日(土)もしくは18日(日) 17時~開催予定。詳細は、随時お知らせいたします。
・カラフルステーション1階アジアンダイニング「irodori」および2階シェアオフィス「FLAT」に設置するオリジナルチェアに、あなたのお名前を掲載!
※下の写真のようなイメージです。

▼30,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーションオープニングパーティへご招待
※2014年5月17日(土)もしくは18日(日) 17時~開催予定。詳細は、随時お知らせいたします。
・カラフルステーション1階アジアンダイニング「irodori」および2階シェアオフィス「FLAT」に設置するオリジナルチェアに、あなたのお名前を掲載!
・カラフルステーション2階シェアオフィス「FLAT」フリープラン使用券(2カ月間)

▼30,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーションオープニングパーティへご招待
※2014年5月17日(土)もしくは18日(日) 17時~開催予定。詳細は、随時お知らせいたします。
・カラフルステーション1階&2階アートギャラリー&情報発信スペース「MoCA:Museum of Colorful Art, Tokyo」を1週間使用出来る権利

▼50,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーションオープニングパーティへご招待
※2014年5月17日(土)もしくは18日(日) 17時~開催予定。詳細は、随時お知らせいたします。
・カラフルステーション1階アジアンダイニング「irodori」および2階シェアオフィス「FLAT」に設置するオリジナルチェアに、あなたのお名前を掲載!
・グッド・エイジング・エールズ代表松中権と、共同プロデューサー杉山文野による、講演会開催チケット
※10名様以上。東京23区外の場合、交通費・宿泊費は別途いただく場合がございますのでご了承ください。

▼100,000円

・グッド・エイジング・エールズからお礼のメッセージ
・カラフルステーションオープニングパーティへご招待
※2014年5月17日(土)もしくは18日(日) 17時~開催予定。詳細は、随時お知らせいたします。
・カラフルステーション1階アジアンダイニング「irodori」および2階シェアオフィス「FLAT」に設置するオリジナルチェアに、あなたのお名前を掲載!
・カラフルステーション1階アジアンダイニング「irodori」貸切券(飲食費に関しては条件によって別途頂く可能性があります。)