image

ハンドガンのリロードをリアルに再現したフィジェットアイテム「Rifle」
「無限リロード」という新感覚アイテムでストレス解消や気分転換を!

image paypay banner

1.ハンドガンのスライド部分を再現したアイテムで無限にリロード可能

2.斬新なデザインで、リロードの動作や音をリアルに再現

3.手持ち無沙汰なときやストレス解消したい時にうってつけ。中毒性が高く、飽きが来ないアイテム。

4.オフィス内や電車内でも安心。内部ボールの交換でサイレントリロードも可能。

5.サビも安心。ステンレス素材で、長く遊べる。

巷では、シューティングゲームやサバイバルゲームが流行っています。

やるか、やられるかという緊張感はアドレナリンが止めどなく放出され、何度やっても飽きません。

特にシューティングゲームやサバイバルゲームで心地よいのは「リロードを引く瞬間」です。

スーッと引いて鳴る「カチャ」という音がたまりません。

「リロードを持ち運ぶ」という新発想。

フィジェットアイテム Rifleは無限にリロードを引くことを可能にしました。

シューティングゲームやサイバルゲームが好きな皆様、お待たせしました!!!

リロードはストレス解消にうってつけ。中毒性があります。

持ち運びができるため、自宅、オフィスでも、あるいは移動中でも、いつでも、どこでもリロードできます。

小型のため、両手でも片手でも操作できます。

オフィスでちょっと考え事をしたいときは片手でさくっと、

アイデアが出てこないときは両手でじっくり。

場面に応じて、リロードを使いこなせます。

Rifleは手のひらに乗る小型サイズです。

アクセサリーとして着けても良し。

あるいは、財布の中などに入れて他人の目に触れないようにすることも可能です。

Rifleの体験には無限の可能性があります。

シューティングゲーやサバゲーが好きな方には、あの「戦場の緊張」をもたらし、気分を高めます。

普段それらのゲームをしない方も、スーッと引き、カチッと鳴る一連の動作は癖になることでしょう。

オフィス街で戦うサラリーマン。

家事という戦場で戦う主夫・主婦。

学校で、勉強という戦争の日々を送る学生。

Rifleは戦う全てのあなたに、リロードという気分転換タイムをお届けします。

ハンドガンのリロードがどういうものか。

まずは、「リロードする音」をこちらの動画からご覧ください。

ドラマの中の銃撃戦。

シューティングゲームやサバイバルゲーム。

銃がコンテンツとして身近になった現在では、リロードはかなり身近になりました。

Rifleの登場により、

ピストルのスライドを引き、押す場面を誰でも、いつでも、どこでも再現できるようになりました。

実際にRifleをスライドしている音はこちらの動画からご覧いただけます。

感触だけではなく、金属音までハンドガンを模している様子にご注目ください。

筆者は以前、アメリカに出張した際に本物のハンドガンを触る機会がありました。

実際にリロードをし、その冷たい金属音と感触の心地よさを知りました。

あの心地よさは中々忘れられません・・・。

日本では中々本物のハンドガンに触れられる機会はありません。

あのリロードの快感をもう一度・・・

と思っていたときに出会ったのがこのガジェット、Rifleでした。

Rifleが参考にしたピストルは、グロック社が製造しているGlock G43です。

Rifleの内部には強力な磁石を埋め込んでいます。

この磁石は綿密な計算により配置され、これによりスライドした時の抵抗感を本物のハンドガンに近づけることに成功しました。

オフィスワークの広がり、さらには新型コロナウイルスの拡散防止によるテレワークなどにより、パソコンを使う時間は年々増加しています。

黙々と作業をする時間が増えた時に必要なのが「リフレッシュ」です。

Rifleは無限にリロードが可能で、ちょっとしたリフレッシュをもたらします。

ストレスフルな時代。リロードを持ち運び、ストレスと戦っていきましょう!

<パターン1:両手>

両手を使うと、よりリアルにハンドガンのリロードを再現することができます。

シューティングゲームやサバイバルゲームで銃が大好きなあなたはぜひ、ゲームのように両手でスライドを。

縦の印が3つ付いております。

こちらを前に向け、スライドをすると、内部の磁力によりスライドが自動に戻る仕組みとなっております。

また、逆側からスライドすると、スライドが止まり、自動には戻りません。

<パターン2:片手>

片手でリロードすることも可能です。

考え事をしていて何度もリロードしたい時にはこちらがオススメです。

なお、片手で遊ぶときは持ちやすくするために、

紐や金具をつけることをおすすめします。(画像の紐は付属品ではありません。)

お気に入りの紐や金具を付けることで、より自分だけのリロード体験を楽しめます

<パターン3:手動で押し・引きを繰り返す>

集中力を高めるためにリロードしたい方はこちらがオススメです。

押し、引き、という動作を繰り返すうちにみるみる集中力が高まっていきます。

集中力を高めたい「戦場」だけではなく、

テレビを観ながら、あるいは移動時間に、様々な時間で気軽にリロードをお楽しみください。

Rifleの中に入っているマグネットボールを別材料のボールに入れ替えることで、

サイレントモードにすることができます。

付属のドライバーで蓋を開け、ステンレスボールに入れ替えます。

ボールサイズ:Φ3mm

例えば電車の中やオフィスなど、音が気になる場所では、

マグネットボールをステンレスボールに変えることで静かになります。

また違う素材の弾も後日、販売する予定です。

弾を変えることでスライド感の変化を楽しむことができます。

フィジェット(Fidget)という言葉を聞いたことがありますか?

“フィジェット”は、「そわそわ」や「モジモジ」、あるいは何かを「いじり続けること」を表す言葉です。

例えば5年ほど前、ハンドスピナーが流行しました。

そのハンドスピナーも「フィジェット」の1つです。

ブームに乗り、ハンドスピナーを買った方も少なくないはず。

ハンドスピナーを何も考えずにクルクルさせる中で、

何となく気分が落ち着いたり、集中力が高まる経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

古くはペン回し、最近では無限にプチプチするおもちゃが出るなど、フィジェットは形を変えども、無くなる気配はありません。

あのハンドスピナーはアメリカから始まり、ヨーロッパやアジアではこちらの写真のように進化を遂げています。

一方日本では「フィジェット=ハンドスピナー」と思っている方が少なくありません。

実はフィジェットには、無限の世界が広がっているのです。

例えば、機械いじりが好きな人には、ガジェッターやギークというフィジェットが、アウトドアが好きな人にはマルチツール系のフィジェットが人気です。

フィジェットグッズが数多くある中で、ハンドガンのリロードを模したRifleは海外でもかなりの人気を博しました!

安全に、いつでも、どこでもリロードできる気軽さに好評をいただけました。

銃の本場でも人気となったこの商品、日本でも流行間違いなしです!

フィジェット、それは何かをいじり続けたい、手持ち無沙汰の暇を埋めたい、そんな人間の欲求に応えるアイテムです。

心地よい金属音を聞きながら、スライドを引いたり、戻したりする動作は無限に続けられます。

少し大人。そして危険な香りもするリロード系フィジェットという新アイテム。

やめられなくなる、魅惑のリロード体験をお届けします!

サイズ:4cm × 2.1cm × 1.2cm

重量:80g

材質:ステンレス

色:ブラック or グレー

(内部構造は若干違いますが、スライド感は同じです)

ロープを通す穴サイズ:直径3mm

内部スライドボールサイズ:直径3mm

生産国:中国

丁寧に手間をかけて一つ一つ作成しています。

一般販売価格 23,600円(税込)

2022年1月下旬     リリース
2022年2月末      終了
2022年3月上旬  製造開始
2022年3月下旬  日本へ運送
2022年4月中旬  支援者様への配送

株式会社Emu-Oneについて

Emuとは、フランス語で感動という意味です。Oneは1つという意味。

[Emu-One]は1つの感動を皆様にお届けしたいという思いが込められています。

弊社は皆様のより良い暮らしのために、デザイン性、品質、機能性に優れ日本でまだ珍しい製品を皆さまにお届けし、文化、国境を越え、多くの人たちの暮らしを豊かにするお手伝いをさせて頂きます。

貿易、物流や製造の専門知識を持ったスタッフが、サービスを誠心誠意提供致します。

株式会社Emu-oneはフィジェットアイテムRifle の日本正式総代理店です。

ここしか購入できない、フィジェットアイテムRifle に関しての初期不良の交換や商品保証、ご購入後のアフターサービスも行いますので、安心してご利用ください。

また何か意見やアドバイスが有りましたら、是非以下のメールアドレスまでご連絡ください。

contact@emu-one.com

今後も良い商品の開発&企画、また海外の商品を日本に紹介していきます。

LINEアカウントに登録して頂くと新着情報が受けとれます!直接LINEアカウントでお問い合わせも可能です。

友だち追加

https://lin.ee/KDBNYFC 

Q1:これはどのような商品ですか?

A1:ハンドガンのリロードを再現したフィジェットアイテムです。

ピストルのスライドを引く・戻すという動作を再現しており、しかも持ち運びができるガジェットグッズです。

Q2:実際に遊ぶ時のスライド音を聞きたいです。

A2:ぜひ、こちらの動画をご覧ください。

https://youtu.be/YNZH9OO5JvU

Q3:電車内やオフィス内で遊びたいのですが、音が気になります。

A3:内部のマグネットボール(直径3mm)を違う素材(ステンレスボール、プラスチックボール)に入れ替えることで、音がかなり小さくなります。

またボールを変えることで、違うスライド感をお楽しみいただけます。

Q4:素材はなんですか?違う素材のフィジェット Rifleは買うことができますか?

A4:今回、クラウドファンディングのリターンでは、素材がステンレス、色はグレーもしくはブラックの商品を用意しております。

一般販売開始後、チタンなどの違う素材のものも販売する予定です。

詳しい情報は株式会社Emu-Oneのホームページでご覧ください。

https://www.emu-one.jp/

またLINEの友達追加をしていただくと、販売情報をより早くチェックすることができます。

Q5:写真のような、紐や持ち金具はついていますか?

A5:紐や持ち金具はついておりません。

紐や金具を付けていない場合でも、もちろん遊ぶことが可能です。

またお好きな紐や金具を付けていただくことで、より持ち運びやすくなります。

穴サイズ:直径3mm 厚さ:12mm

Q6.ハードドライブ、ペット、ペースメーカーに近づけるのは危険ですか?

A6.フィジェット Rifleは内部に強力な磁石が入っているため、磁石を近づけてはいけないもの、または近づけたくないものから離してご利用ください。

Q7.PCやスマートフォンには影響しませんか?

A7.フィジェット RifleがPCやスマートフォンに影響を与えた事例はございません。

Q8. フィジェット Rifleの注意事項はありますか?

A8. テーブルや机の上で、お子様の手の届かないところで安全に遊んでください。

遊んだ後は付属のケースなどに入れ、必ずお子様の手の届かないところに保管して下さい。

Q9. 汚れた場合、水洗いしても大丈夫ですか?

A9.本体はステンレスのため、水洗いしていただいても構いません。ただし内部のボールがサビないように、洗った後は本体を分解して、十分乾かすことをお勧めいたします。

Q10. 磁力はどれくらい持ちますか?

A10. フィジェット Rifleに使用されている磁石は100年ごとに5%の磁気を失います。完全に磁気を失うのは2000年かかる計算のため、日常で使っていただく限りは磁力は無くなりません。

※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。

※本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。

※一部デザインが変更になる場合がございます。

※応援購入サービスの性質上、不良品以外の返品・返金はお受けいたしかねます、何卒ご了承ください。キャンセルはプロジェクト中のみ可能となります。

※お届けができず弊社に戻ってきてしまった場合は、再配送費用をご負担いただきますことをご了承ください。

PERSONAL RECOMMEND あなたへのおすすめプロジェクト