A0db162c17a65dc7665c3e0cdaaf12ccbca10ab3d32546934d03c9e9ad57?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170427%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170427t105922z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=29b32f4835b91875676dbe954561da435c653edca3b2c5fedf63bc127df4b862

親へ想いを伝えることで本当の家族になる。感謝・感動・歴史の「感歴」祝いで社会を心から豊かにします!

21a71673f8cd32918f0472aa4627dbfffd3d1cbc410e9724ef1332d5c361?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170427%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170427t105922z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=8dcb29d340960665da94b5ad505700497a87a21ef1e99cd51e784227203cbb90

「感歴」祝いとの出会い

 

はじめまして、感歴プランナーの金田雅子と申します。

私は夢を叶えてブライダルフラワーコーディネーターをしていました。

子どもを出産してからも続けていましたが、子育てと仕事の両立は想像以上に厳しく毎日「何で自分ばかりこんなに辛いの?」と思っていました。

 

そんな中、義母が60歳還暦を迎えて親戚一同で集まることに。はじめから仲良しな訳ではありませんでしたが、

せっかくの機会なので自分の経験を活かしてブライダルの様に企画、主役のお母様の自伝映画の様なDVDを制作上映、そして普段言えない感謝を贈ったところ、義母は泣きながら「いつ死んでもいい」と言って喜んでくれて、私もそのお祝いを通じて義母の人生を知り、理解し、感謝の気持ちで溢れていました。

 

その時、気付いたのです、

人はみんな同じでみんな主役の人生があって、誰もが凸凹の人生を精一杯生きて今があること。自分ばかりが辛い訳じゃない。

その事に気付いた時に、私は深い感謝と共に自分の存在にも感謝し、他人にも優しくなれていました。

この感動はブライダルでは味わったことのない、深く優しい感動。

私はその瞬間にこの感動は今の社会に必要と確信し、活動を開始しました。

 

 

 

この「感歴」祝いのプロジェクトは従来の「還暦」とは文字も違います。

それは、60歳と限定せずに親の人生の節目など感謝を贈りたいと思った時に贈る「感謝・感動・歴史」の感歴なのです。

普段の生活ではなかなか本当の想いを伝えることは難しいです。

だから、私は素直に感謝を贈れ家族の歴史と自分の原点も知れるこの「感歴」祝いを文化することで「感謝を言えなかった・・・」と後悔することをなくします。

感歴祝いはただ集まって食事をするだけではなく、感歴プランナーとご家族で打ち合わせを重ねて、お祝いのプラン二ングを行います、当日は感歴プランナーが進行とサポートも行います。

会場にてご家族様で感歴のDVDをご鑑賞頂き、その他の演出もサポート、その事により普段は出来ない様なスキンシップやプロによる写真撮影などを取り入れて一生涯の想い出つくりをいたします。

家族だけでは出来なかった事を、進行により楽しく誘導。素晴らしい機会をつくります。

今までの想いを伝えることは人にチカラを与えてくれます。「ありがとう」そんな一言だけでも人は嬉しく、勇気をもらうことができます。 

 

 

感歴祝いは、家族の絆を再確認する事で、自分の命の素晴らしさも実感出き、またその事で自分の存在に自信を持てきっと自己肯定感も高まります。自己肯定感も高まれれば、人を攻撃する事もなくなり、他人にも優しくなれます。

そうすれば、世の中の多くの社会問題の解決にも繋がります。うつや年間三万人もの自殺者もなくしたいです。今は絆、絆と言葉は良く耳しますが、その絆を深める機会はありませんでした。だから、感歴祝いで家族から絆を深める機会をつくります。 

 

 

そして、何故私がブライダルフラワーコーディネーターを辞めてまでこの「感歴」祝いを使命としているのか。それは、自分が家族や友達から頂いた想いで今幸せに存在するからです。20歳の時に大切な人を突然亡くし、うつ状態になりました。

そんな時に私に対して「あなたが大切」と私の存在を必要として伝えてくれたことにより、私は強く生きれたのです。想いを伝えることは人の生きるエネルギーになります。 私の人生と感歴は全てリンクしたのです。それに、人生は有限です。

ですから、いつか伝えようではなく「今、伝える」そのきっかけを提供することで後悔のない、豊かな人生を私は「感歴」で実現するのです。どうぞ、皆様この「感歴」を一緒に日本の文化にしませんか?共感支援して下さる方、どうぞ宜しくお願い致します。

 

このプロジェクトで集まったお金は、この「感歴」をあたりまえの文化にする為の活動資金にさせて頂きます。一緒に実現いたしましょう!