15291c20ae883c7e50b34875f67e18cde89448370e4600739625c037c6fd?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190720%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190720t161949z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=7bf3f97521639ae00f7c2905e2200f4b4c4cb972342624e3253da70c8e337512

日本代表 "戸取大樹” が今年もWORLD ROLLER GAMESに挑戦!

ちょっと特別な世界選手権

こんにちは、戸取です。

僕が選手として登録している日本ローラースポーツ連盟は、十数年前に「日本ローラースケート連盟」から名称変更しました。

ローラースケート
   ▼
ローラースポーツ

この変更の背景には世界連盟からの流れがあります。
ローラースケートというと、僕くらいの年代の人はタイヤが2つずつ並んだ車型のものを、子どもたちにとっては縦一列(インラインスケート)に並んだものを思い浮かべる子もいるかもしれません。

90年代、ローラースケートにインラインスケートが入ってきたのと並行して、ローラースケートには競技がたくさん増えていきました。

もともとは車型のローラースケートで、アイススケートと同じように、スピード・リンクホッケー・アーティスティック(フィギュア)の3つから始まりました。

そこにインラインスケートが加わり、さらにはオリンピックの影響もありスケートボードも加わりました。ウレタンのタイヤを使うものは何だってローラースポーツだ!というノリです(笑。現在、日本の連盟には8競技の専門委員があります。


【特別な世界選手権 World Roller Games】
従来、世界選手権は競技ごとに開催していました。スピードならスピードだけ、ホッケーならホッケーだけ。名称もそれぞれのWorld Chmapionships でした。それが2017年中国大会で転機を迎えます。

たくさん増えた競技、全てを同時に開催することになったのです。名称もWorld Roller Gamesになり、さながらローラースポーツのオリンピックというところでしょうか。

今年のWorld Rolle Gamesでは、なんと11もの競技が同時開催されます!


ローラースポーツは日本ではあまり大きなスポーツではありませんから、他競技の知り合いも多いです。
今回ダウンヒルに挑戦している遠藤さんもクラウドファンディングを実施しています。
一緒に応援していただけたら幸いです。

あ、僕の応援も、ぜひ!お願いします。
 



 




 




 

 

2019/06/17 21:46