image

浸透性殺虫剤ネオニコチノイド国際シンポジウム 2016年6月18日(土)を成功させたい

image

なぜ今やらなくちゃいけないのか

みつばちから始まり魚、鳥、人への影響が懸念され、規制の呼び声が高い、ネオニコチノイド系殺虫剤。日本は消費地であり輸出国でもあります。その汚染と被害、健康障害の実態を検証し、使わない農業の方法を模索する欧州とアジアの合同国際会議を、今年2016年6月18日(土)10時から17時まで、早稲田大学55N号館 1階 第一会議室で開催する予定です。会議を成功させるため、ぜひご支援ください。(支援のお願いとこの会議の世話人:東京女子医科大学・平久美子)

このネオニコチノイドがよくわかる動画は去年私たちが制作しました。ぜひクリックして視聴してみてください。日本語字幕もついています。YouTube右下の字幕設定で言語をお選びください。(歯車マークです)

 

1990年代半ばより、農業で浸透性殺虫剤、中でもネオニコチノイド系殺虫剤とフィプロニルが使われるようになってから、日本でも送粉昆虫の減少、生物多様性の減少、河川水や地下水汚染、人体汚染と健康障害が報告されるようになりました。今のままの使用には限界があり、何らかの規制が必要ですが、日本の農業の浸透性殺虫剤への依存度は近年高止まりの傾向にあり、具体的な方策が見出すことができていません。そこで、2016年6月18日(土)に東京・早稲田大学55N号館 1階 第一会議室でネオニコチノイド系殺虫剤に関する国際会議 ”Post-Neonics, What Next?(『これからどうする?浸透性殺虫剤シンポジウム』)”を、東京女子医科大学の平久美子を世話人として開催し、EUとアジアの学者が、アジアにおけるネオニコチノイド対策について意見交換を行います。同殺虫剤の特性と影響を表現したポスターを2枚作って会場に掲示します。会場の様子を日本語同時通訳付きでライブ配信し、会議終了後ウェブアーカイブとして公開します。一般の傍聴も受け付けます。将来のグローバルなウェブ国際会議に向けた初の挑戦的な試みです。ぜひご支援ください。