E8c9c2d2355211391536d53af9637df07c367a8948a449b9cceff1f5bb53?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170622%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170622t183936z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=ab70ec515be3aaa3baadf848d00c565267b85442f83364fa1d4096bd5b62a9ce

西武所沢車両工場で新製された車両を模型化した
「西武鉄道初代501系登場時モデルNゲージ」
鉄道ファンに人気のデビュー当時の姿を忠実に再現したい!

A0833992c04a42e31ffeb2e5fc3662bddd9cd42764170753309ababa91f5?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20170622%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20170622t183936z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=52e0438574dc32124cb6e381462ddbc992f6859af0ae0bc06029a640cdac2f51

西武・そごうでは、むかし走っていた車両が好きという鉄道ファンに人気の西武鉄道初代501系登場時の模型化を企画しました。伝説の車両の姿を150分の1スケールで忠実に再現したいと考えています。

●501系Nゲージに対する熱意から始まったプロジェクト

西武・そごうの紳士服飾部を担当している伊地知(いぢち)です。今回は私の個人的な趣味である鉄道に関連した商品ということで、担当させていただくことを非常に嬉しく思っています。

このたび実現したいと考えているのは、西武鉄道初代501系登場時の鉄道模型化です。現在、鉄道ファンは全国に約700万人いるとされ、最近は女性の方も増えてきています。鉄道模型のNゲージもポピュラーな存在で、人気車両の製品が発売されるとすぐ完売してしまいます。

製品化されるのは現行の人気車両が中心です。しかし、西武鉄道501系のような今は存在していない昔の車両が好きだという方もたくさんいらっしゃいます。

西武池袋線の沿線に住んでいた私は、当時501系に乗車する機会がたびたびあり。西武池袋線のその後の車両モデルにもなった湘南型の前面スタイルに強い憧れを抱いていました。ある時、501系はデビュー当時は塗装が違っていたということを知り、さらに興味を惹かれるようになりました。当初は黄色と茶色の組み合わせだったそうですが、私の時代はディープラズベリーとサンドベージュの組み合わせでした。そんな時代とともに変化していった車両をデビュー当時の姿で再現したいと思ったのが、今回の企画の大きなきっかけです。


photo=RGG

中高年の鉄道ファンの中には、自分が子どもの頃に乗った懐かしい車両のNゲージが欲しい方も多いはず。そんな方にとっては、夢に見た鉄道模型になるでしょう。

●懐かしの車両模型を手もとに置きたいという思い

501系は1980年に廃車になりましたが、実車両は静態保存されています。毎年11月に埼玉県・横瀬町で行われる「西武トレインフェスティバル」というイベントで公開しており、往年の姿を見に、多くの鉄道ファンがいらっしゃいます。

NゲージはやはりJRの車両が中心で、先ほども述べましたが、501系のような昔の車両はなかなか模型化されません。マニアの間では、手作りの鉄道模型がネットオークションを通じて高値で取引されているほどです。

今回、西武鉄道501系の模型を企画したのは、昔の車両が好きな鉄道模型好きの方に手に取ってもらいたいという思いからでした。「子どものころ乗っていた501系をデビュー当時の姿で再現したい」という私をはじめとするファンの皆さまの願いを叶えたかったのです。

●西武鉄道の伝説の車両を初めて製品化

西武鉄道501系は1954年にデビューした車両で、西武所沢車両工場で新製された伝説の車両といわれています。しかし、これまで模型化されたことはありませんでした。

今回のプロジェクトでは、150分の1スケールでデビュー時の姿を忠実に再現することを心がけています。

具体的には、

①先頭車と中間車の長さの違いを再現。実車両の先頭車は17m、中間車は20m。
②デビュー当初の塗装を再現。先頭車には、車両前面の窓下中央部に行先種別表示板受けも再現、行先シールも付属します。
③デビュー当初の編成組み=先頭車2両と中間車2両の4両編成1セットでの販売となります。
④ヘッドライト、テールライト点灯。
⑤特製ブックケース入り。

なお、実現した際の製造は800セットからとなり、お申し込みいただいた方しか手に入らない究極の限定品となるため、希少車両が好きな人はこの機会を逃さないで欲しいですね。

●西武・そごうならではの一品

501系の模型化にあたっては、もちろん、西武鉄道の許可を取っています。西武・そごうだからこそ、製品化を実現できた部分もあるといえるでしょう。

今回このNゲージを作っていただくのは、鉄道模型好きなら知らない人はいない、あのマイクロエース社です。同社は、新型や現行の車両はもちろん、昔の蒸気機関車や数回走っただけの臨時列車なども幅広く製作。マニア向けの模型も多く作っていることで定評があります。

「501系Nゲージ」は、予約が800台に達成し、生産が決まってから納品まで1年ほどかかる予定です。お宅に届くのを楽しみに、じっくりお待ちいただけると幸いです。


※イラストはイメージです