第2回「風街ルルド」で、解体された下北沢の駅前市場を再現したい!

image

 

はじめまして、風街ルルドの会、鶏口牛後代表の平賀です。

今年の初秋10月5日に第2回目となる音楽イベント「風街ルルド」を開催します。 昨年2012年の12月に行った風街ルルド。 このイベントを催すまでの沿革と今回の風街ルルドのお話をしようと思います。 どうぞお付き合いください。

 

世田谷カトリック教会ルルドの泉

下北沢スズナリ横丁の裏に、人知れず神妙に静寂な空気を孕む場所がある。 青々とした芝生にハッと醒めるような仄白い教会。

 

 

その正面にある岩壁に彫られた純白に青の色衣を纏った美しいマリア。ここが下北沢の街の中にある住宅街だということをどこか馬鹿げた嘘のように感じる、凛と張り詰めた心地のいい場所。

 

 

下北沢に住む友人に深夜連れられ忍び込んだその場所のあまりの美しさに心を奪われ、下北沢に立ち寄った際はどうしてか必ず足が向いてしまうようになっていました。 教会という信仰していない宗教施設であるという心の敷居は不思議とここでは感じませんでした。

 

嬉しい奇縁、そこから始まる新しい企画

その後友人と何か素敵なことをしたいねと話していた際、この教会で朗らかな午部を素敵な音楽で彩って過ごすイメージが強烈に湧き企画を練るに至りました。その友人は下北沢のフリーペーパー九間の編集などに携わっている関係で、世田谷カトリック教会の神父さんと面識がありました。 さっそく神父と面会する機会を設けイベントをやりたい旨を伝えたのですが、以前音楽イベントで近隣住民との騒音トラブルがあったこともありすぐには企画が実現しませんでした。 音響面やイベントの内容を教会という場所性を尊重し、その上で素敵な午部を実現するべく幾たびか神父さんとお話をしていく中で納得して頂け、開催へとこぎつけることが出来ました。

 

その中で私たちは教会でイベントを行う最低限のマナーとしてチャリティを盛り込み、基本的にイベント側として黒字を出すことを目的に据えず、赤字にならない料金設定にしました。 こうした東北の被災地支援をできるきっかけを持てたというのはとても嬉しいですし、やりがいを感じます。

 

共催のアQはイベントコンセプトと自社のブランドコンセプトが通じることもあり、風街に集まりました。

 

 

 

こうした空間をみなさんと共有し、「ああ、素敵な午部だったな」と感じていただければと思います。

 

 

風街ルルドという名前の由来

この名前は、12月のルルドの木枯らしの吹きぬける、どこか寂しげで、それでいてロマンチックな夢想を引き起こす雰囲気に由来しています。 もちろん、ハッピーエンドの風街ロマンという日本の大名盤の持つ雰囲気も由来の一つです。 東京オリンピックの年に生まれどこから吹いていづこへと吹き抜けて行く風の通る架空の街を想起させるアルバムのタイトルを拝借し、僕たちの風街をこのルルドの泉で創ろうと。 一瞬の幻のように風街が生まれることを祈って。

 
↑ 前回の風街ルルドの様子
 

下北沢駅前市場を風街で・・・

そして今回、風街ルルドにてあるプロジェクトを計画しています。

 

3年前に解体された下北沢駅前市場をご存知でしょうか。 下北沢の風景で欠かすことのできない、多くの人から愛されていた戦後からの長い歴史を持つ駅前にあった市場です。 細い路地はひしめき合った靴屋さんや飲食店、雑貨屋などのトタン屋根で太陽を遮り、昼間でも仄暗くどこかノスタルジックな印象を与える場所でした。

 

↑ 下北沢駅前市場の様子
 

その下北沢駅前市場が都市計画で解体されることに決まり、様々な立場から解体を惜しむ声、街の変化を好意的に受け止める声がある中で、namGalleryの長谷さんを中心に当時市場でお店を構えていた店舗の材木やセメント、調度品などを家具や服などに形を変えて残すリノベーションプロジェクト、ララバイ下北沢が行われました。制作された作品は販売され下北沢駅前市場を愛した方々によって買われ、様々な場所で失われた風景を映すピースになりました。

 
↑ ララバイ下北沢の様子

 

そして今回、namGalleryの長谷さんの協力の元、買われて散り散りになった椅子やテーブルを世田谷カトリック教会に集め使用します。 加えて、下北沢駅前市場で店舗を構えていた飲食店の方々をフードケータリングでお招きします。 10/5の午部に、失われた下北沢駅前市場の風景が形を変えて風街として再生されます。

 
 

このイベントを盛り上げるため、皆様のお力が必要です。ぜひご支援をお願い致します!

 

イベント詳細

日時:2013/10/5(土) 12:00-19:00

場所:世田谷カトリック協会

 

・BAZAR

 アQ
   ※売り上げの一部をチャリティとして寄付いたします。

 

・FOOD 

 風街酒場
 namGarelly&SASA
 給食当番
 ラワットさんのカレー
 ・・・andmore!
 ※旧下北沢駅前市場に関わりの強い方の10店舗出店を計画中です。
   ※売り上げの一部をチャリティとして寄付いたします。

 

・LIVE    

 クマに鈴
 Noahlewis'Mahlon Taits
 福岡史朗
 くりすあすか
 zmi
 an apple(京都) 
 

リターン

ご支援下さった方には、金額により様々なリターンをご用意しております。全て送料込みの価格になります。また、チケットが含まれるリターンには全て、500円のチャリティが含まれております。

 

▼600円

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚
 

▼2000円

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚
・風街ルルド特製トートバッグ1枚
 

▼2100円

・サンクスメール
・ドリンクチケット1枚
・エントランスチケット1枚
 

▼3000円

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚
・ドリンクチケット1枚
・エントランスチケット1枚
・風街ルルド特製トートバッグ1枚

 

▼5000円

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー2枚
・ドリンクチケット2枚
・エントランスチケット2枚

 

▼7000円

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚
・風街ルルド出演者による限定ライブCD1枚贈呈(非売品)
・バザール会場のフラッグに支援者様の名前を明記
・後日開催する風街ルルドのシークレットパーティーへのご招待
 ※2013年10月の土日夜 都内で開催予定

 

▼8000円

・サンクスメール
・エントランスチケット2枚
・ドリンクチケット2枚
・風街ルルド特製ステッカー2枚
・風街ルルド出演者による限定ライブCD1枚贈呈(非売品) 
 

▼10000円

・サンクスメール
・エントランスチケット2枚
・ドリンクチケット2枚
・風街ルルド特製ステッカー2枚
・風街ルルド出演者による限定ライブCD1枚贈呈(非売品)
・バザール会場のフラッグに支援者様の名前を明記
・後日開催する風街ルルドのシークレットパーティーへのご招待
 ※2013年10月の土日夜 都内で開催予定
 

▼16000円(限定10個)

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚
・バザール会場のフラッグに支援者様の名前を明記
・後日開催する風街ルルドのシークレットパーティーへのご招待 
・活版印刷AUI-AO Desing平木元デザインの特製クリスマスカード10枚組(平木元デザインタンブラーはこちら
 
↑ 平木元デザインイメージです。こちらがカードとして届くわけではありません。
 
AUI-AO Designはご夫婦によるグラフィックデザイン、活版印刷のプロジェクトです。 当日は活版印刷のワークショップとAUI-AO Designのペーパーアイテムの販売を行います! 手刷りの活版印刷機に触れる貴重な機会になると思いますので是非ご参加下さい!
 
佐藤一樹(夫):グラフィックデザイナー。1978年生まれ。長岡造形大環境デザイン学科卒業後、イラストレーター、グラフィックデザイナーを経て3.11を機にフリーランスとして活動。2012年にAUI-AŌ Designを設立。
 
佐藤桃子(妻):テクニカルディレクター。 1984年生まれ 大工の父、洋裁の得意な母に育てられ小さい頃からもの作りに親しむ。その影響もありファッションデザインの勉強をした後、AUI-AO Designの製作全般を担当、現在に至る。

 

▼21000円(限定1個)

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚 
・バザール会場のフラッグに支援者様の名前を明記
・活版印刷AUI-AO Desing平木元デザインの特製クリスマスカード10枚組、さらに印刷に使用した活版をセットでプレゼント。
・後日開催する風街ルルドのシークレットパーティーへのご招待

 

▼50000円(限定5個)

・サンクスメール
・風街ルルド特製ステッカー1枚 
・バザール会場のフラッグに支援者様の名前を明記
・後日開催する風街ルルドのシークレットパーティーへのご招待
・再開発で取り壊された下北沢の街の廃材を利用したスツール(BMKT stool)
 
↑ スツールのイメージ(現物は仕様が若干異なります)
 
このスツールは、三年前下北沢駅前食品市場が取り壊される時に立ち上げたプロジェクト『ララバイ下北沢』で100脚限定販売をしたスツールです。『ララバイ下北沢』は、三年前、下北沢取り壊されること、変わりゆくことに対して、賛成でも反対でもない立場から、そこで何が行われているかを伝えることを目的として行われたプロジェクトです。
 
今回のプロジェクトでBMKTstoolを制作して下さるのは、当時と同じ、家具レーベルpeitenium(ペイテニウム)の新庄哲平さんです。
 

集まった資金の使い道

出演者ギャラ

告知費

設営費

 

企画主催:風街ルルドの会

  共催:鶏口午後アQnamGallery・緑色