自転車+フル電動+アシストモード、優れた走行性能を実現!
折りたたみ式電動ハイブリッドバイク『Airwheel R5』

3ea3b1ec07296e9581eb2bc101505552a0f4499b2806f16feee8d6ed66e2?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20180718%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20180718t031035z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=a6f1d1cba99f2b4f7c23513e245a0946fe06b5365b12a8d331d3b7e63f7d7d13

2018年3月に10,990,270円を調達してSUCCESSにて終了したプロジェクト【日本初上陸!ボタン一つで自動伸縮、 コンパクトで持ち運びも簡単。電動ハイブリッドバイク『Airwheel R6』】 https://greenfunding.jp/lab/projects/2090 から『Airwheel R5』を開発、再び日本の皆様にお届けしたいとおもいます。

Airwheel社はR5に以下の部分を進化させます!

①安定性 16インチのKENDA製タイヤは乗りやすく、安定性に優れるなどの走行性能が高い
②小型化 収納後はたったの0.2m3のミニボディ、狭い空間でも手軽に収納可能
③軽量化 重量は18.5kgだけで、女性の方にも手荷物として電車やバスにも持ち込み可能
④実用性 約2.5時間でフル充電でき、最大約100km走行可能

 

誰でも学校や就職先の会社、フレッシュな気持ちで通いたいではないでしょうか。しかし、満員電車やバスなどラッシュ時の通学・通勤はストレスの元。自分で運転しても渋滞に巻き込まれる可能性も高いです。そこで、最近、自転車を学校会社に通勤通学に利用する学生、社会人が増えています。確かに、自転車通勤・通学は交通費の節約やストレス軽減や運動不足の解消など、メリットもたくさん。但し、以下の経験はありませんか?

朝、目を覚ましたはずなのにうっかり二度寝してしまい、大慌てで着替えて家を飛び出すことがよくあります。自転車を早く漕ぐことで体力を奪われて、勉強にも仕事にも支障が出てしまう...
サラリーマンにとって、「いつものスーツやジャケット、パンツでは乗りにくい」「汗だくになって、乾くのも遅い…」「職場に着いたら自分の汗臭さが気になる…」「更衣室が無いので着替えられません」

自転車に乗っていて、近くのスーパーや駅までちょっと出かけようと思っても、坂道があると気が重い...

悩みはまだまだいっぱい!
1.従業や仕事が終わって、こんなに疲れてるのに、自転車なんて乗りたくねぇ!
2.毎月、自動車の維持費が高すぎる!駐車場を探すのは面倒くさそう!
3.公共交通を降りた後、移動が終わるのではなく、そのあとの移動が必要!
4.普段近所のカフェやちょっとした外出時に、移動手段に迷っている!
5.旅行先での行動範囲を広げたく、風景の美しさを身をもって感じてみたい!
6.自転車を外で保管するなら、盗難にビクビク。室内での保管が理想的だが、場所を取ってかなり邪魔!
7.不注意のケガで足が悪く、普通の自転車にに乗ると大変!
8.自動車使用から自転車への転換、エコライフを実践したい!

『Airwheel R5』はエコ且つ経済的な長距離走行を実現してくれる折りたたみ式電動ハイブリッドバイク。
ペダルモード、フル電動モード、アシストモードを搭載しており、自分のペースにあわせて3つのモードから選べます。100%電気エネルギーを動力として、とても静かで優れた静音性がポイント、排気ガス無しと相まって、環境に配慮しています。折りたたみ式でコンパクトに収納でき、実用性とおしゃれさを両立した1台!

1台3役の『Airwheel R5』で用途やお好みにあわせてモードを選べ、エコで健康的な自転車生活をこれから始めませんか?

1.KENDA製16インチタイヤ
KENDA(ケンダ)社は1962年に設立され、自転車や農耕車、ゴルフカー、フォークリフト等建設機械用タイヤなど幅広い用途のタイヤを生産したメーカーです。特に自転車用タイヤでは世界的にも有名で、現在はアジア、北米、ヨーロッパ、中東、南米、アフリカなど世界150ヶ国以上に製品を流通しています。
『Airwheel R5』はKENDA製の耐久性や性能が高いタイヤを装着しております。ちょうどいい16インチなので、小回りが利き、漕ぎ出しも軽いです。また、特別なトレッドパターンで地面をグッとつかめ、滑りやすい道路にも安心的に走行できます。乗りやすくてバランスがよく、毎日の自転車ライフを安全と安心でしっかりと支えてくれます。

2.メーター搭載
各状況を把握するために、専用マルチファンクションメーカーを搭載しております。3つの走行モードを切替したり、速度や距離を測定したり、9段階のアシスト出力表示、バッテリー残量及び故障注意なども一目でわかります。

3.快適なサドル
サドルのクッション性が高くて、路面からの衝撃を吸収してくれます。長時間乗ってもお尻への負担を軽減し、痛くなることもないです。そして、適切なサドルの高さは快適に自転車に乗るうえでとても重要なポイントです。しかし、体格は一人ひとり異なります。サドルの高さを簡単に調整することによって、窮屈感や脚の伸びがなくなり、誤ったサドル高からくる違和感や痛みから解放してくれます。

1. 3つのモードを搭載
『Airwheel R5』は用途に応じた走り方を取る可能で、3つのモードへ切り替えられます。人々の移動をもっと楽しく快適にします。

①ペダル(自転車)モード
モーターをまわさなくて電池の消耗もしなく、通常の自転車のようにペダルを漕いで走行が可能です。万が一、車体が電池切れとなってしまい、目的地までたどり着くことができます。
通常の自転車より若干ペダルが重く感じられる可能性がありますが、こういうことで運動したい望みを叶えます。

②フル電動モード
漕がずに風を切る感覚は最高!右ハンドルの変速レバーを回すだけで、モーターの力でバイクと同じような走行が可能となります。
電力機器、ギヤボックス及びブレーキがハブに直結して組み込まれて、235Wブラシレスモーターを搭載しております。安定して強力なパワーを供給し、軽快に走り出すことを実現します。

③アシスト(ハイブリッド)モード
ペダルとモーターを同時に使います。「モーターが自分足をサポートしてくれる」ような感じで、坂道でも楽に走行することができます。内装9段変速で、最大で約100kmの長距離走行ができ、目的地が遠くても安心。
スピードセンサーを搭載することによって、踏む力や速度を感知することが可能となります。ペダルを楽に回せない坂道や重い荷物を積載している時、踏み込むことでアシストされます。

2.コンパクトに収納可能
『Airwheel R5』の折りたたみ方法はとても簡単です。工具を一切使う使う必要がなく、フレームやレバーやハンドル部分を簡単に折りたただけ、コンパクトになります。車体折りたたむと0.2m3のミニボディになり、狭い空間でも手軽に収納できます。車体重量はたったの18.5kg、通常の原付の1/4です。女性の方にも扱いやすくて、手荷物として電車やバスにも持ち込み可能です。

【展開・折りたたみ方法】

3.パナソニック製電池
テスラ用電池と同じ、パナソニック製の高性能電池を採用しており。18650リチウムイオン電池はパワーフルで安定的な電力供給を実現します。重量は1.4kgだけで、最短約2.5時間でフル充電でき、最大約100km走行できます。

電池本体にUSBポートが設置され、手元のケーブルで接続してスマホやタブレットなどを充電できます。モバイルバッテリーとして使うことができ、街乗りしてバッテリー不足の心配はありません。さらに、予備のバッテリーを購入いただけば、いざという時に役立ちます。214.6Whの超大容量はスマホを20回以上フル充電できますので、防災グッズとしても大活躍です。

4.二つの充電方法
電池はサドルの下に搭載され、充電方法は2つから選べます。車体にセットしたまま充電できるし、外して充電器にはめて行うこともできます。循環回数は約800回で、長時間安定してお使い頂きます。

1.PSEマーク取得済み
お客様の安全を確保するために、製品による危険な障害の発生を防止することを目的として、登録検査機関での技術適合性検査を受け、合格しています。

2.保安基準に準拠

①純正ミラー
後方や周囲を確認するために、専用ミラを付属しております。取り付けや取り外しは簡単で、位置や角度の変更も可能です。クリアな視覚を確保し、安定感とデザインマッチングも考慮しました。

②ヘッドランプ
前方を明るく照らす強力なLEDヘッドランプ(前照灯)が装備されております。

③ブレーキランプ
ブレーキをかけると点灯になり、後続車両に減速/停止を知らせて追突事故を防げます。

④ウインカー&ナンバープレート取付板
ウインカーで後続車両に曲がることを事前に知らせて、より一層の安全性を向上させます。

3.丈夫なフレーム

①低温焼付塗装
環境に優しい低温焼付け技術を用いて、キレイに仕上がって高品質外観を実現できます。また、高耐久性と高耐蝕性も兼ね備えました。

②アルミフレーム
採用した軽量アルミフレームは現在、最もポピュラーな素材といえます。初心者から上級者まで幅広く使われており、用途もほとんどあらゆる種類の自転車に使われています。アルミフレームの特徴は軽量かつ堅牢で、錆びにくいです。そのため、『Airwheel R5』の車体は軽いのに耐荷重は100kgを誇ります。

【フレーム耐震試験】

4.防水対策
毎年、集中豪雨の時、とくに梅雨時期になると冠水した道路を走る際に水没させないように、電池を車体中央の上部に搭載しています。

5. 8つの保護回路
8重の安全保護回路を搭載することで、スムーズな充放電切替を実現し、安全性を更に高めます。

セルバランス:各電池セルのエネルギー容量を均一化します。
過電圧保護:充電、放電時の過電圧を防止します。
過充電保護:バッテリーの過充電を防止します。
過放電保護:バッテリーの過放電を防止します。
過電流保護:スマホに許容以上の電流が流れることを防止します。
短絡保護:短絡時、自動的に電気回路を遮断して機器を保護します。
温度保護:安全充電、異常な発熱を防止します。
逆流保護:放電電流がバッテリーへの逆流を防止します。

6.保険に加入済み

①PL保険
阿芙株式会社はリコール事故対策で、万一の際に備えて、日本のPL保険に加入済です。
生産物賠償責任保険(PL保険)は第三者に引き渡した物や製品(Product)、業務の結果(Completed Operation)に起因して賠償責任を負担した場合の損害を、身体障害または財物損壊が生じることを条件としてカバーする賠償責任保険である。(※ウィキペディア出典)

②全世界適用保険
Airwheel社はお客様に安心していただけるように、製造国の中国にて全世界で適用される保険に加入しています。(年6万7千元(約116万円)の保険料はメーカーが負担します)
適用地域は全世界となるので、お客様が事故によって損失を被った場合、保険会社により、その損失がカバーされます。 一つの事故で、1人なら最大限の保険金は10万元(約172万円)となります。

『Airwheel R5』の動力は100%電気エネルギーなので、排気ガスを出さないクリーンなアイテムです。騒音は気にならない程度、住宅街や近所の迷惑にならなく、時間や場所を気にせず利用することができます。燃費もよく、10円以下の充電コストで最大100キロ走行でき、コスパ超高!

※実験室で測定した結果となります。実際に、道路状況、電圧、温度、体重により、最大走行距離はバラツキがあります。予めご了承ください。

※本ページに利用した写真は開発中サンプルのイメージです。デザインが多少異なる場合がございますが、保安基準に準拠した部品が全て装備されています。ご安心ください。

通勤・通学

自転車で通勤や通学したいですが、「体力的に心配」、「 坂道が多いので大変」という心配がありますでしょう。アシストモードでカロリーを消費できますし、坂道も楽々♪


※画像はイメージです。公道を走行する際はヘルメットの着用等、法令を遵守してください。

電車・バス

コンパクトに収納可能で、近くの駅まで『Airwheel R5』で移動し、電車或いはバスを降車後、再び『Airwheel R5』に乗れます。他の移動手段と併用することができます。


※上記はサイズ確認用のイメージ画像です。実際には専用の輪行バッグが付属します。

厚手の輪行バッグは付属しております。軽くてタフな600Dポリエステルを採用し、快適に収納する前提で設計されています。また、バッグを丸めてコンパクトに収納できるように、専用の収納ポーチも付属しております。輪行バッグ本体も持ち運びやすいです。
※JRなどの電車内に自転車を持ち込む際は専用の輪行バッグに完全に入れて持ち運びください。

街乗り

普段近所のカフェやちょっとした外出時、自動車で駐車場を探すのは面倒くさくて、駐車料金も高いです!『Airwheel R5』に乗って、もっと便利で快適にサッと出かけよう!

旅行

車のトランクに積み込んだり、初めての旅行先でも、普段の行動エリアのように、快適に移動できるし、移動範囲も広げて楽しみが増えます。

※Airwheel試験室で測定した結果となり、実際の状況と多少異なる場合があります。予めご了承ください。

1. 16インチのKENDAタイヤで乗りやすいし、安定性に優れて等の走行性能が高いです。
2. 自転車、フル電動、アシスト三つのモードを切替可能、最大100km走行できます。
3. 車体重量は18.5kgだけで持ち運びに便利、耐荷重は100kgに達します。
4. 収納後はたったの0.2m3なので、車や公共交通機関などとの併用も可能です。
5. パナソニック製の電池は8重の保護回路で、優れた電源供給性能を提供します。
6. 水没させないように、電池が車体中央の上部に搭載されます。安全性を更に高めます。
7. メーター搭載なので、バッテリー残量及び走行距離なども一目でわかります。
8. オシャレなデザインを持つ、通学・通勤・街乗りなどで手軽に使えます。

1.ナンバー登録が必須
公道を走るには、『Airwheel R5』が手元に届いた後に、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請(ナンバー登録)が必要です。『Airwheel R5』本体に付属している「出庫証明及保安証明書」、各市町村役場で交付される「軽自動車税申告(報告)兼標識交付申請書」に必要事項を記入のうえ、印鑑(認印)、身分証明書(免許証・保険証など)を持参し、各市町村役場にて申請ください。

2.自賠責保険への加入が必須
『Airwheel R5』をご利用頂くにあたって、自賠責保険へご加入頂くことが必須となっております。コンビニや『Airwheel R5』の販売店にて、ナンバー登録時にもらえる標識交付証明書の内容に基づいて申込書に必要事項をご記入のうえ、必要な契約期間に応じた保険料をお支払い頂くことで、自賠責保険にご加入いただけます。

3.ヘルメットの着用が必須
自転車モード、電動バイクモード、ハイブリッドモードに関わらず、原付1種扱いになりますので、ヘルメットの着用が常時必須となります。

4.免許の携帯が必須
この車を一般公道で運転するには、第一種原動機付自転車を運転することができる免許が必要です。

5.車道を走ることが必要
『Airwheel R5』は見た目は自転車に近いですが、公道において、法律上は常に「原付バイク」として扱われます。したがって、自転車(ペダル)モードであっても、歩道の走行は禁止されておりますので、車道をご通行ください。

今回GREENでは特別価格をご用意しております。

1セットにつき、電動自転車本体(電池装着済)1点、充電器1点、ペダル1ペア、専用ミラー1点、組立ツールバッグ1件、取扱説明書&保証書1枚、販売証明書1枚、品質証明書1枚、輪行バッグ1点となります。

Q:運転免許は必要ですか?
A:一般公道を運転することができるので、第一種原動機付自転車の運転免許証が必要となります。また乗車定員は自転車と同じく1名で、二人乗りは禁止されています。

Q:必ずナンバー登録をしないといけないのでしょうか?
A:公道を走るには、R5が手元に届いた後に、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(ナンバー登録)が必要です。
R5本体に付属している「販売証明書」、各市町村役場で交付される「軽自動車税申告(報告)兼標識交付申請書」に必要事項をご記入のうえ、印鑑(認印)、身分証明書(運転免許証、健康保険証等)を持参し、各市町村役場にてご申請ください。                    

Q:自賠責保険の加入は必要ですか?
A:R5をご利用頂くにあたって、所有者にも自賠責保険の加入義務があります。国内のコンビニやインターネットにて、自賠責保険の契約を行ってください。標識交付証明書を持って、ナンバープレートの番号・車台番号・契約者の個人情報・保険開始希望日時を間違えないように登録して、 保険料をお支払い頂くことで、簡単に自賠責保険にご加入いただけます。                    

Q:車道を走る必要がありますか?
A:R5は見た目は自転車に近いですが、公道において、法律上は常に「原動機付き自転車」として扱われます。したがって、ペダル(自転車)モードであっても、歩道の走行は禁止されておりますので、車道をご通行ください。  

Q:ヘルメットの着用は必須ですか?
A:自転車モード、電動バイクモード、モペットモードに関わらず、安全面を考えてヘルメットの常時着用をお願いしています。 

Q:子供でも1人でR6に乗れますか?
A:電動バイクのモードがあるため、1960年の道路交通法施行により、16歳未満まで乗ることが禁止されています。ご注意ください。お子様がお使いになる場合、保護者の方が取扱説明書を必ずお読みいただき、正しい乗りかたをご指導ください。 お子様が走行中、保護者の方は必ず近くで同伴して下さい。                                                       

Q:何キロまで耐えられるのですか?
A:100キロぐらいまでなら充分許容範囲でございます。                                 

Q:R5のメーカー補償について教えて下さい。
A:取扱説明書に従った使用状態で、下記期間内に品質不良や欠陥が生じた場合には無料で部品交換をご対応させていただきます。詳しくは保証書をご覧 ください。

みなさま、こんにちは。AFUと申します。
ページを最後までご覧頂きました皆さま、ありがとうございます! 

2015年に阿芙株式会社を立ち上げ、主にネット販売、楽天ショップ、アマゾンストアを運営しております。複数のメーカーブランド商品独占販売権を獲得し、驚きと感動のお声があったオリジナル商品を揃え、暮らしが豊かになる良品を皆様にお届けできるよう頑張ります。

Airwheel(エアーホイール)社は、2013年に中国で設立されて以来、スマートモビリティのトップブランドとして業界をリードしてきました。現在では中国とアメリカで共同開発したマーケティングセンターを北京に設立し、中国常州に製造工場があります。Airwheelシリーズは全世界168国に輸出されており、ソニー(SONY)・パナソニック(Panasonic)・グーグル(Google)・クアルコム(Qualcomm)など数々の大手企業とパートナーになっています。創業以来4年にわたり3000万以上のユーザーに支えられてきました。
皆さまの生活をより便利に変えて、良品を世界に広めていくのがAirwheelの使命です。ブランド名であるAirwheel、Air(エアー)とは一番身近で 大切な「空気」で我々の生活に必要欠くべからざるものであり、Wheel(ホイール)とは自転車における円形の「車輪」のことで、ずっと前進・進化していくイメージを表します。「誰でも低価格かつハイクオリティな乗り物で、行きたいところに行く」ということがAirwheelの小さい願望でもあります。安全面に優れるスマートな乗り物により、日々の生活をもっと簡単で快適なものにしましょう。