日本屈指のクリエイターと『RiCE』編集長が、
「古事記」をテーマにした本気の漫画カルチャー誌を創刊!

9ec019088624c6b60f7cd7fa921fbc802e4610064449cec8de9d68640ed4?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20181016%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20181016t014141z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=42c74d95edf88cb94fe2d9c6c9101a0c5b91f49d0eb49d389e511476c7a4d393

※古事記をモチーフに、新たな神話を創る雑誌「COZIKI」の制作応援のためのクラウドファンディングです。
※ご支援方法がわからない場合は 
こちらをご覧ください >>>


こんにちは。COZIKI(コジキ)プロジェクトチームです。

突然ですが、みなさんは古事記を読んだことがあるでしょうか?

古事記は日本最古の歴史書であると同時に、日本の神々の世界が描かれた神話です。

人間的でユニークな魅力ある神々の恋、争い、家族愛など数多くのストーリーが壮大に展開していきます。

『COZIKI』プロジェクトとは、そんな古事記の物語をそのまま紹介するのではなく、「古事記をモチーフに、新たな神話を創る」をコンセプトとして、人気の漫画家やアーティストが古事記の物語や登場人物をモチーフにした作品= “新たな神話” を制作し発表していくプロジェクトです。

その一環として、古事記をテーマにした漫画カルチャー誌『COZIKI』を創刊します。

本誌の編集長は「CUT」「EYESCREAM」「RiCE」をはじめとする音楽、ファッション、フードなど多くのカルチャー誌を手掛けてきたライスプレス(株)の稲田浩が務めます。

 

編集長:稲田浩

「太安万侶において見るべきは創造性ではなくエディターシップだ。」

『古事記』の新訳(河出書房新社 日本文学全集1)をものした池澤夏樹氏がその解説で記した一文を読んだ時にはドキッとした。今をさかのぼること約1300年前、漢字で日本語を書くというイノベーションとともに日本で生まれた最初の文学作品は、一人の作家による創作ではなかった。古代より伝わる神々の物語や国生みの神話、あまたある口承伝説を撚り合せ、取捨選択を重ねて編み出されたものである。そうした意味で太安万侶は、日本最初の編集者、自分にとっての超大大先輩なのだ!

古事記の言い換えである『COZIKI』という名の雑誌を創刊することの意味と重要性に今更ながら気づいたときは思わずめまいに襲われたが、いやもう今回のプロジェクトはそれくらいの気概でいこう。

何よりまず、日本は漫画の国だ。
アメリカが映画という神話を必要としたように、日本はあらゆる物語や事象を漫画で語り直して共有する文化を育んできた。

その先陣を切ったのが“漫画の神様”手塚治虫だ。

もちろんのこと手塚先生は、代表作『火の鳥』連作で古事記をモチーフにした作品を遺されている。それら貴重な絵柄をアーティストの河村康輔氏が壱岐のためにコラージュした作品が、今回のプロジェクトのキックオフとなったことには運命的な流れを感じるし、この先を照らすあかりとして一等心強い。天照大神としての手塚治虫を天に戴きながら、漫画界の神々の力をお借りして、1300年後のコズミックな時代をイキるわれわれなりのCOZIKIを編み上げてみよう。漫画だけしゃない。
写真の力、絵の力、アートの力、テクノロジーの力……。

かつてなかった沢山の力を武器に、いざ進まん。

 

なぜ古事記?
なぜ壱岐島?

自分たちのルーツを知ることは、新しい発見や気づきに出会えるだけでなく、自分自身をもっと好きになるきっかけをくれるかもしれません。

だから、もっと気軽に歴史にふれられて、興味をもってもらえる機会があってもいいのではないか。

そんなことを考えていた時、友人に誘われて長崎県の壱岐島を訪れる機会がありました。

壱岐島を歩きまわって感じたのは、言葉にはできないけれど確かに感じる日本の原始的な空気。そして壱岐島のあちこちに存在する、古事記に縁の深い場所の存在でした。

壱岐島は古事記の中で、イザナギノミコトとイザナミノミコトが5番目に産んだとされ、小さな島には1000以上の社があるそうです。神話に登場する月読命を祀る「月讀神社」や猿田彦を祀る「男嶽神社」など古事記に縁の深い場所が多く存在し、今なお古代の空気を色濃く感じることができることから「神々が宿る島」とも言われています。

神話に彩られた島で、自然観や文化について想いを馳せる面白さ。
もっともっとたくさんの人に知ってほしい。
そのためにまず、古事記をもっと身近で親しみやすいものにする方法を考えました。

そこで思いついたのが老若男女が楽しむ「漫画」や「アート」の存在です。

そこから、古事記の物語をただ紹介するのではなく「古事記をモチーフに、新たな神話を創る」をコンセプトとして、人気の漫画家やアーティストが古事記の物語や登場人物をモチーフにした作品= “新たな神話”を制作し発表するプロジェクトを始めました。

 

雑誌「COZIKI(コジキ)」
なぜ壱岐島内のみで販売するか?

雑誌『COZIKI』は2018年9月に創刊予定で、その後は半年毎に壱岐島内のみで発売していきます。

壱岐でしか買えない古事記をテーマにした紙の雑誌。

それが『COZIKI』です。
電子書籍の販売もありません。

電子書籍の市場規模も年々増え続け、世界中の情報がどこでもネットを通じて手に入る時代。

なぜ今紙のみの雑誌を、しかも交通アクセスが良いとは言えない離島だけで販売するのか。

正直、不便だといえますが、私たちは体験にこだわりたいと考えました。画面に触れれば世界の全てを知ることができる時代の中で、「手に取る」「空気を感じる」というのはとても贅沢な体験です。壱岐に来てこの空気を感じ、物語や作品を経験して欲しい。

壱岐はそういった思いをかきたてる島でした。
そんな思いから雑誌を手に入れられるのを壱岐島内限定としました。

 

COZIKIプロジェクトの第1弾のアート作品

手塚治虫「火の鳥」× コラージュアーティスト 河村康輔

プロジェクトのアート作品第一弾として、手塚治虫氏の名作「火の鳥」をコラージュした作品が完成し、ポスターとして壱岐限定で販売をします。

手掛けたのは「スター・ウォーズ」や「AKIRA」など様々な作品やアーティストとコラボレーションをしてきたコラージュアーティスト・河村康輔氏。

「火の鳥」は漫画の神様・手塚治虫氏が創った誰もが知る壮大な物語です。

「火の鳥」には「古事記」の神様と同じ名前のキャラクターが数多く登場しており、「火の鳥」はその神々をモチーフに手塚治虫氏が作り出した新しい物語だと言えます。本プロジェクトは「古事記」をモチーフに新しい物語の創作に挑戦するプロジェクトであり 「火の鳥」はまさにプロジェクトが目指すテーマを体現した作品です。

手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔コラボポスター
※この作品は島内限定でポスターとして発売します。
©Tezuka Productions / ©Kosuke Kawamura


Photo by 花代

 

参加アーティスト・企画(随時更新!!)

藤代冥砂(写真家)

<PROFILE>
写真家として『RIDE RIDE RIDE』『もう家に帰ろう』など数多くの写真集を手がけるほか、小説家としても知られる。フードカルチャー誌『RiCE』では全国の名産品や郷土料理、ソウルフードなどを撮り下ろす「四十七味」を連載。現在、山岳とヌードを並列に置いた異色構成の新作写真集『山と肌』が発売中。

壱岐島の女性を壱岐で撮影します。

 

下田昌克(イラストレーター)

<PROFILE>
1967年兵庫県生まれ。絵描き。
1994年から2年間、中国、チベット、ネパール、インド、ヨーロッパを旅し、旅先で出会った人々のポートレイトを色鉛筆で描き始める。
主な作品に、2年間の旅行の絵と日記をまとめた『PRIVATE WORLD』(山と溪谷社)、『ヒマラヤの下インドの上』(河出書房新社)など。
2011年よりプライベートワークでハンドメイドの恐竜の被り物を作り始める。詩人の谷川俊太郎、写真家の藤代冥砂とともに一連の恐竜作品を発表。『恐竜人間』(パルコ出版)『恐竜がいた』(スイッチ・パブリッシング)、『恐竜人間』(パルコ出版)
詳細後日発表!

 

特別協力:
手塚るみ子 (プランニング・プロデューサー/手塚プロダクション取締役)

<PROFILE>
漫画家・手塚治虫の⻑女。
成蹊大学卒業後、広告代理店 I&S に入社。
SP 企画・制作に携わった後、フリーとなり、手塚作品をもとにした企 画・タイアップのプロデュース、コーディネーション活動を始める。
2003 年に音楽レーベル「MUSIC ROBITA」を設立し、「鉄腕アトム」トリビュート CD『Electric-Brain feat.ASTROBOY』はじめ、システ ム7との共同制作『PHOENIX』、『手塚治虫 その愛した音楽』などを制作・リリースしている。また ABC ラジオ『EarthDreaming~ガラス の地球を救え』の番組パーソナリティも務める。手塚治虫記念館での 『忌野清志郎展』『手塚治虫のヒロインたち展』、また吉祥寺のギャラ リーにて『手塚治虫美女画展』や『手塚治虫文化祭~キチムシ』など新 機軸の企画展をプロデュースすることでも話題。著書に『オサムシに伝 えて』『こころにアトム』『定本オサムシに伝えて』、共著『ゲゲゲの娘レレレの娘らららの娘』がある。

 

企画協力:
戸矢学

<PROFILE>
1953 年、埼玉県出身。國學院大學文学部神道学科卒。歴史作家。著書 に『ツクヨミ・秘された神』(河出書房新社)、『深読み古事記』(かざひ の文庫)、『三種の神器 天皇の起源を求めて』(河出文庫)、『陰陽道とは 何か』(PHP 新書)、監修に『まんが古事記』(講談社)など多数。
(注)手塚治虫、手塚プロダクションの「塚」は旧漢字が正式表記となります。

 

支援の使い道

雑誌『COZIKI』の制作費とさせていただきます。雑誌『COZIKI』や『COZIKI』オリジナルグッズは壱岐島でしか手に入りませんが、今回支援してくださったみなさまには、リターン品としてお送りいたします。

 

リターン

¥1,000 お礼メッセージ

・お礼のメッセージ
 

¥3,500 雑誌「COZIKI」1冊 + オリジナルグッズ

・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ

 

¥8,000 雑誌「COZIKI」1冊 + オリジナルグッズ4点+創刊号にお名前掲載

・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥12,000 創刊記念パーティー ◎限定20名

・創刊記念パーティー@東京
 ┗ 2018年9月上旬の週末を予定しています。
 ┗ ワンドリンク、軽食付き。
 ┗ アーティストの参加については日程調整中
 ┗ 交通費は別途ご負担ください。
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥20,000 オリジナルTシャツ

・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥25,000 限定!河村康輔さんサイン入りポスター ◎限定10名

・河村康輔さん直筆サイン入り COZIKIオリジナル 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボポスター1点
・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥25,000 限定!下田昌克さんオリジナルラベル壱岐焼酎 ◎限定20本

・下田昌克さんイラストによるオリジナルラベル!壱岐の酒造で作られた焼酎1本
 ┗ 麦焼酎「壱岐の島 25度」1800ml
 ┗ 一般発売の予定はありません。
・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥30,000 限定!参加アーティストのサイン入り表紙色校 ◎限定3名

・表紙色校1枚
 ┗ 稲田浩編集長、コラージュアーティスト河村康輔さんを始めとする、参加アーティストのサイン入り
・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥50,000 限定!藤代冥砂さんオリジナルプリント写真 ◎限定3名

・藤代冥砂さん撮影 COZIKIに掲載される島の風景と美女の写真のオリジナルプリント1点
 ┗ 六つ切りサイズを予定
・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥70,000 編集会議 参加権 ◎限定3名

・編集会議@東京 参加権
 ┗ 2018年7〜8月の間を予定
 ┗ 交通費等は別途ご負担下さい
・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ

 

¥100,000 制作スタッフと行くCOZIKIツアー@壱岐 ◎限定2名

・制作スタッフと行くCOZIKIツアー@壱岐
 ┗ 交通費、宿泊費、お食事代は別途ご負担下さい
・河村康輔さん直筆サイン入り COZIKIオリジナル 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボポスター1点
・下田昌克さんイラストによるオリジナルラベル!壱岐の酒造で作られた焼酎1本
 ┗ 麦焼酎「壱岐の島 25度」1800ml
 ┗ 一般発売の予定はありません。
・藤代冥砂さん撮影 COZIKIに掲載される島の風景と美女の写真のオリジナルプリント1点
 ┗ 六つ切りサイズを予定
・表紙色校1枚
・COZIKIオリジナルTシャツ1点
 ┗ サイズ:XL/L/M/S/XSから選択可
・雑誌「COZIKI」創刊号1冊
・創刊号のクレジットにお名前
 ┗ ご希望の表記名で掲載します
 ┗ 本名でもペンネームでも可能です
・COZIKIオリジナルステッカー1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナルピンバッチ1枚
 ┗ 河村康輔デザインロゴ
・COZIKIオリジナル クリアファイル1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ
・COZIKIオリジナル ポスター1点
 ┗ 手塚治虫「火の鳥」× 河村康輔 コラボ