%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88magazine

【イベントレポート】人気インスタグラマーも使う、フィルムカメラの上手な使い方って? フィルムカメラ講座開催。

“毎日、カメラを持ち歩きたくなるバッグ”をコンセプトに、普通のバッグとしても欲しくなるような、上質でオシャレな『LIF カメラトートバッグ』を創るプロジェクトが、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト GREEN FUNDING by T-SITEで行われている。

先日、そのLIF カメラトートバッグの公開を記念し、【カメラのワークショップ&写真展】が二子玉川蔦屋家電にて行われた。

スペシャルゲストとして、instagramで6万人ものフォロワーを擁する『のん』(instagramアカウント:moron_non)さん、そしてカメラガールズ代表で、プロジェクト立案者でもある田中海月さんによるトークライブが行われ、さらにカメラガールズの大人気の写真家「イチ」さんの作品や、カメラバッグLifも展示されるなど、盛りだくさんな内容のイベントとなった。

image-9597

田中海月さん(以降、海月):はじめまして。カメラガールズ代表の田中海月と申します。今日はよろしくお願いいたします。今日はゲストとして、インスタグラマーの『のん』さんに来ていただいています。

image-9550▲田中海月さん

のんさん(以降、のん):よろしくお願いします!私はインスタ歴は5年くらいで、写真を始めたきっかけになったのがインスタグラムなんですけど、今大学4年生で来年就職という感じです。大人のみなさんの前でお話しするのは恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

image-9504▲のんさん

海月:今回は、のんさんの写真の撮り方のコツを聞いたり、フィルムカメラの使い方、どうやって使うのか、などの講座を用意しているので、楽しんでいただければ嬉しいです。

 

 

 インスタグラマー・のんさんって?

海月:のんさんは、インスタのフォロワーが6万人くらいいるくらいすごく人気のインスタグラマーさんなんですよね。スライドを見つつ、いろいろご紹介していきたいと思いますね。

初めにお聞ききしたいんですが、カメラは何を使っているんですか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-11-59-48▲のんさんinstagram

のん:デジタルとフィルム両方使ってます。フィルムの方は35mmならPENTAXのSTとか、2眼レフだとMINOLTAのAUTOCORDとかです。でも『写ルンです』やiPhoneも使っているし、本当に色んなカメラを使っていますね。

20枚ほどの写真が紹介され、それぞれの作品がどのカメラで撮影されたか、どんなアプリで加工しているのか、など、インスタのコツなども含めて様々なアドバイスをしてくれたのんさん。

旅行好きだということで、海外での写真や友人との旅行の際に撮った写真も多いが、ただの旅行写真ではないのんさんの感性が感じられる作品ばかり。

今回のイベントでは、幻想的な印象の写真を選んだというのんさんだが、感光やフレアなどが映ってしまった、偶然の産物でできた一枚も『作品』として多数残している。

そんな、デジタルでは起こりえないような”事故“も、フィルムカメラの良さなのだと語ってくれた。

image-9540

海月:のんさんは、カメラは勉強されたんですか?

のん:いえ、完全に趣味で独学です。友人がカメラに詳しい人が多かったので、教えてもらったりはしましたね。

海月:これから撮ってみたい写真はありますか?

のん:これから就職までに遊びまくっておこうと思いまして(笑)、ハワイとアイスランドに行く予定なので、フィルムでいっぱい撮ってきたいなと思っています。

 

フィルムカメラの使い方講座。

海月:後半は、私がフィルムカメラの使い方についていろいろとお話しさせていただきます。

フィルムカメラは、実はデジタルよりも簡単なところはすごく簡単なので、誰でも使えると思うんですよ。

カメラガールズという私がやっているカメラ女子のサークルがあるんですが、そこでも今フィルムカメラがすごく流行っているんです。

image-9580

デジタルでも素敵な写真は撮れるんですけど、なんか特別感があるというか、フィルムでしか撮れない写真が色々あるんだろうなと思います。

『写ルンです』とかも割と幻想的な写真が撮れるから、日常でもスマホと写ルンですだけはいつも持ち歩いていると、面白い写真が撮れるのでおすすめです。押すだけでとっても簡単なので。

ただ、写ルンですは暗いところとか室内は少し苦手なので、日中とか屋外とかだと良いと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-07-20

 

 

 フィルムカメラって?

海月:フィルムカメラは、それ自体もかわいいので被写体になったりもしますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-08-53

海月:まず、フィルムカメラの特徴から説明していきたいと思います。初心者的なことですが、フィルムカメラは基本的にSDカードじゃなくてフィルムで記録するというのがデジタルとの大きな違いですね。ものにも寄るのですが、一般的にカメラ女子たちが使っているのは手で設定するマニュアル操作のものですね。

私もフィルムカメラが好きで13台くらい持っているんですけど、全部手でピントを合わせたり、シャッタースピードもダイヤルで合わせたりするカメラですね。

マニュアルは手で操作するものですけど、電池とか充電が要らないので、けっこう便利だなって思うときもあります。

%e5%9b%b31

写真はこういうネガの形でもらうんですが、今はお店で普通にデータ化もできるので、すごくフィルムが楽しみやすい時代になっているんじゃないでしょうか。

 

 

おすすめは、35mmフィルムカメラ。

海月:ここからはもっと具体的に、フィルムカメラの種類を説明したいなと思います。

“35mm”といわれる括りがあるんですが、これは『35mmフィルム』というものを使って撮影するカメラのことです。

海月:フィルムしかなかった時代があるので、キャノン・ニコン・オリンパスなど色々なメーカーのものがあります。

写りはそれぞれ全然違うんですけど、私が持っているのはニコンの『Nikon New fm2』で、カメラ女子がよく持っている、代表的なカメラですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-11-10

Nikon New fmや、FEなどはすごく人気ですね。セットで4万円くらいだと思います。

このニコンのレンズで、アダプターを付けて別のキャノンのデジカメのオールドレンズとして遊んだりもしているので、コスパはいいと思います。のんさんの写真もそうでしたけど、フレアが出ていたりと色々な写真が楽しめるのでおすすめですよ。

 

いろいろなフィルムカメラの種類

海月:あとは中判と呼ばれるカメラで、ブローニーフィルムというちょっと縦長のフィルムを使って撮るカメラとかもあります。

ちょっと高いんですが、フィルムのサイズが35mmよりも大きいのできれいに撮れるんですね。でも大体1本11~12枚撮りなので、ちょっとしか撮れない。(笑)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-12-27

ローライフレックスは真四角で撮れるカメラで、Makina67はちょっと横長です。

飾ってあるイチさんの写真は、Makina67で撮影されたものです。

Makinaは風景はきれいに撮れて、ローライフレックスは人物、という感じで私は使っていますね。でも重いし少し高いので、やっぱりはじめは35mmが一番いいんじゃないかな。

ちなみに、コンパクトカメラという、レンズを変えられないタイプのカメラもあります。

ただ、レンズがある35mmカメラのほうが背景がぼけた写真とかが撮れるので、なんだかんだ迷ったらいいことずくめの35mmがおすすめです。

私が35mmカメラのおすすめを聞かれたとしたら、Nikonの New fmとかをおすすめするかな。

 

カメラを選ぶときのポイントは?

海月:カメラを選ぶときはどうしても中古になると思うので、状態をお店の人に聞いてみるのが一番いいと思います。カビが生えていたり、程度がよくなかったりすることがあるから、お店の人と仲良くなって聞いてみるというのが一番損をしないかな。

ネットだとハズれるときもあるので、私は銀座か新宿の中古カメラ屋さんに行ってますね。

最初は、値段や直感で“フィルム写真”とかでググって、好きな写真の撮影されたカメラを調べて買ってみたりたりするのもいいと思いますよ。

image-9557

 

フィルムの選び方。

海月:デジタルとの一番の違いはフィルムを入れるっていうこと。すごくシンプルなんですけど一応知っていないと使えないというところがあるので入りにくいところかもしれないですね。

まずISO感度”というのは、フィルムによって既に決められているもので、大体こういう感じで選べます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-13-50▲ISO感度例

ISO感度は、1600の富士フィルムのNATURA以外は今はほとんど100~800くらいですね。

この違いは、例えばISO感度が100のフィルムを入れて32枚フィルムを撮るとしますよね。一回フィルムを入れると変えられないのですが、いざ100で室内に来て写真を撮ろうとするとなるとブレるんです。でもISO感度が高いフィルムよりも、100のフィルムのほうが綺麗ではある。

簡単に言うと、「数値が低いほど描写がきれいでザラザラしないけど、暗いところが苦手」ということなんですね。

なので、どれくらいの感度を選ぶかというところなんですが、私はだいたい400とか800くらいを買ってます。100は怖くてあんまり買わないですね。室内に入ってしまうと、本当に何もとれなくなっちゃうんです。

1600のNATURAは、明るいところでも暗いところでも撮れるので便利。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-12-15-42

だけどフィルムも本当に好き好きで、自分の好きなフィルムを探すのも本当に面白い遊びだと思います。

“感度”というのは明るさの基準のことなんですけど、その基準はフィルムで決められているっていうのが、一番のデジタルとの違いかな。だからフィルムカメラはすごくシンプルなんですよね。

入れるフィルムによって写真が変わる。そこが面白かったりします。

ここからはさらに、現像に出すお店によっても仕上がりの色味が変わること、お店の選び方、プリント依頼のしかたなどなど、フィルムカメラ経験者ならではの視点で楽しみ方のコツを教えてくれた海月さん。

image-9514

参加者の方々の、メモを取りながら聞く表情も印象的だった。

インスタグラムという注目のSNSの中で、若い人を中心に多くの支持を得ているのんさんと、カメラガールズ代表でもあり、ご自身でも時間があれば撮影に繰り出す「カメラ女子」の田中海月さんの話を聴きに、50年ぶりに降った11月の雪のなか「カメラ女子」のみなさんの集まる貴重なイベントとなった。

 

「カメラバッグ作りは、実はとても大変だった(笑)」と海月さん。

“仕事前や通勤でカメラを持ち歩けたらもっと面白い写真がいっぱい撮れるなぁ。でも通勤にも適した形の、リュックなどではないトート型の女性が通勤で使えるようなカメラバッグがないな。”という海月さんのかねてからの想いが、開発のきっかけだったのだとか。

image-9577

 

現在クラウドファンディング中のこのカメラバッグのプロジェクトは、2017年1月16日まで支援を受付中。

14012695_1135387409869465_927491976_o-1

興味のある方は、ぜひ支援も検討してみてはいかがでしょうか。https://greenfunding.jp/lab/projects/1660