image-9636

【イベントレポート】クラウドファンディングが生む、モノづくりの新しいトレンド。

“日本のいいものつくろう”を合い言葉に、昨年オープンした「TSUKURITTE LAB(ツクリッテラボ)」。クラウドファンディングの仕組みを活用し、まだ世の中のどこにも売られていない数々の商品を世に送り出している、商品開発サービスである。

image-9633

今回は、この「TSUKURITTE LAB(ツクリッテラボ)」によるトークショーが、二子玉川の蔦屋家電で開催された。

image-9725

作り手代表として、世界一小さい革財布「safuji」の沢藤勉さんと、プロジェクトを一緒に立ち上げた皮小物ライターの納富廉邦さんをゲストに迎えた今回のトークショー。

作り手の人から見るクラウドファンディングについてや、実際にプロジェクトを行ってみて感じたことなどを、ツクリッテラボのプロデューサーの中村さんの司会のもと、語っていただいた。

 

お二人の活動について

ツクリッテラボ 中村さん(以下、中村):本日はよろしくおねがいいたします。

image-9734中村さん

 

沢藤勉さん(以下、沢藤):よろしくお願いいたします。今活動としては、三鷹に革小物製品作りの工房があって、東小金井にお店があるんですけれども、東小金井のお店で販売接客もしています。それ以外にはクラフトフェアやギャラリーの個展などを中心に活動しています。

スクリーンショット 2016-06-20 20.25.21

 

モノとしては割とシンプルな作りが多くて、でも要素が多いというか、シンプルながらも機能性を追求したようなものを造っています。

 

image-9688沢藤さん

 

中村:そして、今回は使い手代表という形でお越しいただいたライターの納富さんです。

 

納富廉邦さん(以下、納富):納富です。私は革小物などのモノ関係の原稿はよく書いています。紹介する、といってもただ紹介するだけでは面白くないので「なにがどうしてこれが良いのか」「良いものとはいったいなんなのか」というのをなるべく伝えるような形で原稿を書いています。

 

image-9692納富さん

 

今回 沢藤君の「safuji」の革財布を使わせてもらって、「ここはもっとこうなったほうが良いと思うんだけど」というような話を色々としていく中で、ミニ長財布を二人で改良したバージョンを造りまして。第二弾の今回「TSUKURITTE LAB(ツクリッテラボ)」とこういう形でさせていただくことになりました。

 

意外と店頭にあっても、パッと手に取っただけではわかりにくいようなモノとかを「実はコレね…」と原稿で書ければいいなぁと思っていて。

また作っている人も気が付いていなかった辺りまで書ければ面白いなぁ、と思って言語化しています。

 

ツクリッテラボとは?

中村:我々「TSUKURITTE LAB(ツクリッテラボ)」というサービスは、こだわっている日本の職人さんやデザイナーさんのモノづくりを紹介していく、また売るだけではなくそういったモノづくりを応援しようと、そういうスタンスでやっているサービスです。

image-9636

 

クラウドファンディングを利用してはいますが、ツクリッテラボがやりたいことは新商品開発ですね。商品開発はメーカーさんの責任でやるものですが、ここに新しいモノづくりのやり方ができないかなというのがあります。

 

13453948_882030748590679_2043103119_n

 

クラウドファンディングに関しては、テストマーケティングとして半年くらいのスパンでメーカーさんに対してデザイナーさんやバイヤーさんを紹介して、みんなでものを作って反応を見る、ということで外のアイディアを入れたりリスクヘッジをしながら、今まで閉鎖的に作っていたものをもう少しオープンにできないかという取り組みをしているのが、「TSUKURITTE LAB(ツクリッテラボ)」というサイトなんですね。

 

作り手とライターのコラボ

中村:沢藤さんはクラフトフェアに出てご自身の商品の魅力を伝えるということをされていますが、ライターさんに書いてもらうという経験を通して、感じられたことはありますか?

image-9721

 

沢藤:具体的にどうこうはよくわからないんですけど、納富さんの文章が好きで、僕はよく読んでいて、視点が違うのがやっぱりいいなぁと思います。

 

納富:作っている側としてはなんでもない、当たり前のことってあるじゃないですか。でも買う側にとってはそれがすごい「良い!」ということもあって、そういう事ってどうしても作っている本人が文章を書くと抜けちゃうところだと思うんです。

ライターは、もちろん作っている人の話をちゃんと聞いて書くんですけど、ここをちゃん力入れて書かないとお金出してもらえない、という所もあると思うんですよ。

image-9642

 

クラウドファンディングとの相性

中村:そういう意味では、今回の商品は、クラウドファンディングとの相性がよかった?

 

納富:そうですね、展示会とかにこのキー付きミニ財布を置いておくと、財布を探している人がキーケースだと思って見逃してしまうみたいなんですよ。だからちょっと説明が要る製品だと思うんですが、雑誌とかだと意外に150字プラス写真くらいしか書けなかったりもするし、店頭だとお客さんに聞いてもらえればいいけど、そうでなければ伝わらないと思うんですね。ある程度写真と文章の長さもきちんとあって説明できると、手に取ってもらえる商品なんだなぁと感じました。

 

中村:沢藤さんの商品も、全部がクラウドファンディングに合うというわけではないという感じでしょうか。

 

納富:そうですね、ぱっと写真一発で良さがわかる商品はそれでいいと思うんですが。

でも今回のミニ長財布などは、説明しないと良さがわからないと思うんですよね。説明しないと意味が分からないものって、もともとあるものを少し良くするというより、横にスライドしてもうちょっと別の人がより便利に使えるように、というものだと思うんですね。

image-9630

 

もともとの紐のあるバージョンが好きという人がいても全然良いわけですし、紐がないことでちょっと使いやすい、自分はこっちのほうがいいや、という人もいるような製品は説明がある、こういう試みにすごく向いている製品だと思います。

 

中村:ターゲットがすごく広いものではないという。

納富:広いものではないわりにターゲットが分散している、という感じですかね。

 

image-9741

 

 

クラウドファンディングの価格の決め方は?

参加者の方:クラウドファンディングに参加する場合、一般的に売る際の価格よりも安くするのか高くするのかなどは、どのように決めているのですか?

 

image-9706

 

中村:正直な話、一般的な商品流通に乗せるときのマージンよりも、クラウドファンディングの手数料って安いんですね。なので手法として、その分を値下げするという場合もあると思います。それも選択肢の一つですが、僕らのようにテスト販売という形で最終的な価格が全く見えないという場合は応援の意味も込めて高めに設定したりということもありますね。

完全に確立はされていない中で、みんな模索している状態かなと。

 

沢藤:安売りするから買ってください、というのは個人的にはあまり好きじゃないのですが、状況にもよるとは思います。値引きというよりはプラスアルファでおまけをつけて同じ値段にするなどすることが抵抗がないというか、個人的には好きですかね。

そのほうが、お客さんにもお得感を感じてもらえるかなとも、思っていたりします。

 

クラウドファンディングを使う、作り手側のメリット

参加者の方:作り手側として、今回クラウドファンディングをやってみて一番メリットを感じたのはどんなところですか?

 

image-9681

 

沢藤:結果論かもしれないですけど、ライターの納富さんやツクリッテラボの中村さんと一緒に発信できたり、販売まで繋がる流れをつくれたのが一番のメリットだったかなと思います。

一人だと自分のSNSと「safuji」のホームページくらいでしか発信ができないので、より多くの人に見てもらえたのが一番だったかなと思いました。

 

スクリーンショット 2016-06-16 19.02.37 safuji  Instagram  https://www.instagram.com/safuji_t/

 

中村:どこに重きを置いて始められるか、というのは作り手さんによってけっこう様々で、資金的な部分でメリットを感じる方もいらっしゃいますし、使いようなんじゃないかなとは思っています。
image-9726

 

クラウドファンディングサイト【TSUKURITTE LAB PROJECT】では、これまで12のプロジェクトを行ってきた。

safuj」以外にも、実際に現在も進んでいるプロジェクトなどの中からいくつか製品をピックアップして、商品の品質や販売方法などについても熱く、盛りだくさんのトークが繰り広げられた。

今回の「safuji」のミニ長財布のプロジェクトはすでに終了しているが、現在も一般発売前の商品が、クラウドファンディングプロジェクトとして展開されている。

気になった商品があれば、ぜひサイトをチェックしてみては。

 

【GREEN FUNDING TSUKURITTE LAB PROJECT】

76696f02c30609684da77162e4e317783110f4f0be16bbd3a223601a8189 https://greenfunding.jp/tsukuritte/